Sponsored Link

FC2ブログ

境界性パーソナリティー障害のプロフィール

 境界性パーソナリティー障害の人は、他者に対して、決めつけ、思い込みが激しいものです。あいさつ程度の付き合いしかない相手に対して、「あの人は、こういう人だ。」と勝手に決めつけます。一を聞いて百を知った気になるのです。真実は1つだけで、99は憶測や妄想、思い込みにすぎません。「あの人は〇✖△.....な人だから」と、長々と説明するので、相当親しいのかと思っていると、顔見知りにすぎないと知って驚かされます。「〇✖△.....」は、本人に確認しない限り、鵜呑みにはできません。周囲は、境界性パーソナリティー障害の人の、まことしやかな憶測に巻き込まれる可能性があります。
 見た目、うわべだけで、100パーセントの判断をします。「あの人は、資産家だから、着ている服はいつも高級品」「あの人の着てる服なんて、安物に違いない」これらは、いずれも100パーセントではないのですが。

Sponsored Link

うわべだけで判断して、「あの人はきっと私の力になってくれる」と期待して近づいた人から期待通りの対応をされないと、不適切で激しい怒りを、相手にぶつけます。失意を胸に秘めて距離を置くことができず、罵詈雑言を叩きつけずにはいられないのです。
 対人関係は、初対面での理想化、ストーカーじみた熱心な接近の結果の、期待外れの脱価値化との両極端を揺れ動きます。
スポンサーサイト



テーマ: 発達障害 | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 発達障害の周辺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する