Sponsored Link

FC2ブログ

被害者意識

 被害者意識の強い人は、当然自分が責任を負わなければならないような局面を、受け入れることができません。何でも、人のせいにしたがります。自分はいつも被害者の立ち位置です。自分の非は認めません。
被害者意識は、認知の歪みによって生まれます。出来事を、あるがままにとらえず、自分の都合のいいように、少しずつ湾曲して解釈していくのです。そして、自分は、罪なくして責められる被害者に位置づけられます。

Sponsored Link

このような展開になってしまうのは、人はミスを犯す存在であり、ミスを犯しても周囲から受け入れられるという安心感が希薄なのかもしれません。常に正しい、間違わない人間でなければ、疎外され、見捨てられるという不安感からくるのかもしれません。批判に弱く、いつも自分を守ることに必死です。そんなに守らなくても大丈夫、という境地がありません。
 見捨てられ不安には、自己重要感の希薄さという裏打ちがあります。人の評価によって、容易に揺らぐ自我の脆弱性があります。
 そこで、自分を守るためにミスを否定し、指摘する人を敵視し、ミスの修繕もしない厄介な人となります。人間関係は、頻繁に、暗礁に乗り上げます。
スポンサーサイト



カテゴリ: 妄想性人格障害

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する