Sponsored Link

FC2ブログ

自己愛パーソナリティとメサイアコンプレックス

 「自己犠牲は素晴らしい」などと言って、困っている人を助けようとするものの、それがどこか偽善的で、一見いいことをしているにもかかわらず、違和感を抱いてしまう「メサイアコンプレックス」。

 多くの人は、身近な人が困っているとき、自然と手をさしのべます。ところが、自己愛の強い人の動機は、必ずしも同情や共感ではありません。人を助ける行為そのものが、スポットライトを浴びる行為だと認識しているかのようです。

 ボランティアや人助けなどについて、多くの人は、良い印象を持っています。遠目には、その人の内面は解りませんから、おそらく、優しくて慈愛に満ちていているだろうと、想像しがちです。当然、多くの尊敬や賞賛の声も集まります。これこそ、自己愛パーソナリティの人の好物なのです。

Sponsored Link

ですが、遠くの人々は騙せても、身近な人や助けられる人は騙せません。痛いところを手当てしてもらえず、周囲からよく見えるところだけに差し伸べられる手。傍にいる人は、援助者の憮然とした顔を目にしたり、「障害者は汚らしくていやだ」といった声を聞くかもしれません。ならば、なぜ、先頭を切って支援に駆け付けるのだろうかと、首をかしげたくなることでしょう。

 困っている人、不幸な人を、自らを輝かせるための道具とする自己愛パーソナリティ。その真意がばれて、要支援者に逃げ出されては困ります。そのために、より逃げる力の弱い人がターゲットに選ばれます。そして、表面的には弱者に寄り添う立派な先生を熱演し、自尊心を肥らせます。

 ボランティア活動などの立派なことをする人は、内面も立派であるに違いないといった認知は、改める必要がありそうです。近づいて、その人となりを確認する以前に、心酔してはいけません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する