Sponsored Link

FC2ブログ

フリーズする人

 対人トラブルに遭遇した時、勝気な人は闘争を選びます。相手に抗議し、対決し、何らかの結論を得ようとします。敵わないと見て取った人は、さっと距離を開けて、逃走を図ります。そのどちらをも選べない人が、フリーズしてしまうのです。
 抗議する勇気はないけれど、引き下がるのは悔しい、間違っているのは相手だという正義感、気の強さから、戦う力もないのに戦場に留まってしまうのです。この人の過去には、すぐに逃げ出さなかったばかりに負ってしまった傷が、多々あります。

 そうした過去は、もともと気弱な人を、さらに過敏にします。一度もめ事が起きると、その相手と、何食わぬ顔で雑談することなど、到底できません。恐れを抱いて、顔を合わせることすら、回避するようになります。人は、誤解もするし、不当な怒りを他者に向けてしまうこともある、等と言われても納得できません。怒りを吐き出してしまった相手は、根に持っていないなどと言われても、理解できません。不当な攻撃をした人は水に流すけれど、された者は岩に刻むのです。繊細で過敏な人の、岩に刻まれた刻印は、そうでない人よりもはるかに深く、消し難いものです。

Sponsored Link

また、同様の攻撃を受けないようにと、繊細な人は、たえず注意を怠りません。他人の顔色や態度に敏感です。心は傷つきやすく、想定外のストレスには非常に弱いです。また、心理的な苦痛が、体の症状となって襲い掛かります。動悸、頭痛、耳鳴り、眩暈、胃のむかつきなど、ストレス状況下から解放された直後に起きやすいものです。
 頑張って戦ってきたのは、心だけではないのです。戦闘的な人のようになれない、情けないと自分を責めず、よくやった、自分としては上出来だと、自分をいたわってあげましょう。
スポンサーサイト



テーマ: 不安定な心 | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 脳と精神

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する