Sponsored Link

FC2ブログ

すくみ反応

 差し迫った危険に遭遇した時、その脅威に、私たちは血の気が引き、凍りつきます。瞬時に、闘争、逃走はできません。後になって、なぜ、あの時・・・と後悔することもあるでしょう。

 すくみ反応は、動くことによって捕食者の注意を引かないよう、多くの動物に選択されてきた生存手段です。ヒト社会では、生命の危機を伴わない人間関係状のシーンでも、すくみ反応は容易に起こります。状況を見極める前に、へたに動かない方がいいと、脳がとっさに判断するのです。

Sponsored Link

他者から恐怖心をあおられると、多くの人たちは瞬時に行動できません。中には攻撃的な人もいて、ただちに反撃を仕掛けますが、充分な勝算を持たず激情のままに行動するために、火に油を注ぐ結果になりやすいものです。
 慎重な人に、凍てつく反応は起きやすいものですが、この人たちはまた、自分を責める傾向があり、なぜやり返せなかったのかと、自分の弱さを恥じる傾向も顕著です。
 後になって、必要な資料を集め、怯えながらも必要なことだけを、やっとの思いで口にした。それで、いいのです。
スポンサーサイト



テーマ: 不安定な心 | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する