Sponsored Link

FC2ブログ

暴言が許せない

 過去に自分を苦しめた相手が許せないのは、よくある心理です。もう忘れたはずなのに、同様の出来事に遭遇すると、昨日の事のように蘇ってくることもあります。
 上司や同僚に言われた言葉が許せない、という場合、多くは、それを自分の事として、心のど真ん中で受け止めすぎているのです。そんなことを言われる筋合いはない、なぜ、そんなことを言われるのか解らない、と。

Sponsored Link

暴言は、対象者を語っているようでいて、発言者を語っている場合もあります。むしゃくしゃしたものを、反撃してこない相手にぶつけているのです。
 なんとなくそうだと解るけれど、ドアマットやサンドバックとして選ばれたことに、また自尊心が痛みます。だからこそ、一層、許せない思いが募ります。

 「太ってるね」と言われても、傷つかない人もいます。傷つく人は、それを気にしている人でしょう。ぼっちゃりな自分じゃダメだと感じている人でしょう。体型や身長は、努力だけではままならないこともあります。それでも、定期的にスポーツしてるし、アスリートのようにはなれないけれど、まあまあいけてる方!!と、自分で感じている人は、からかわれてもあまり気になりません。

 人に肯定される事、好意を受ける事で自分に安心できる人は、傷つきやすくなります。親から否定されて育った人は、ありのままの自分を受け入れる訓練ができていません。親からもらえなかったOKを人からもらおうと、無意識のうちにしています。
スポンサーサイト



テーマ: メンタルヘルス | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する