Sponsored Link

FC2ブログ

やさしさと自己犠牲

 優しい人は、自己犠牲的な人なのかといえば、当然そうではありません。ですが、そこのところをはき違えて、他人に自己犠牲を要求する人もいます。

 本来のやさしさは、心の底からにじみ出るもの、湧き出すものですが、自己犠牲的なやさしさは、演出されたやさしさ、内面にはないものなのです。立派な人だと評価されたい、相手からの好意好感が欲しい、などの目的があっての戦略なのです。
 とはいえ、本音との乖離には、苦痛が伴います。本性がにじみ出て相手に悟られることも少なくありません。

 自己犠牲は、美徳とは言えません。依存的な生き方から発していることが多いものです。愛を乞うために隷属的になってしまう生き方は、美しくはありません。そうした人のもとには、人間関係の問題が押し寄せてきます。自分の利益しか考えず、人を思い通りに支配したいというタイプの人が近づいてくる傾向があるのです。
 搾取する人、支配したがる人、奪う人です。時間やお金や動力、与えても与えても見返りもなければ、感謝すらありません。相手を感情のゴミ箱にするために長電話をかけてくる人、自分のビジネスのために利用しようとする人、こうした人たちが、この人ならいけると目を付けてきます。彼らは、断らない人、怒らない人をかぎつけるセンサーを持っているかのようです。

Sponsored Link

そのような人たちを回避するのは、自分を大切にする心です。今は傍にいなくとも、かつて愛を注いでくれた人が、どのように接してくれたか、それを思い出すとき、目の前の対手が付き合うべき相手かどうかが解ります。
 心理的暴力を受け続けたり、疎外されてきたりで、愛情を注がれて育ってこなかった人、そのために今も受け入れられることを求めて、人に媚びる傾向のある人は、搾取者に気をつけねばなりません。
スポンサーサイト



テーマ: メンタルヘルス | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する