Sponsored Link

FC2ブログ

ネチネチ嫌味を言ってくる人

 言いがかりにすぎないような嫌味を、ねちねちといつまでも言ってくる粘着質な人に、心当たりはありませんか。
 まじめな人ほど、そうした態度を取られる原因を自分の中に探そうとします。こちらに非もなければ、相手を攻撃したわけでもないのに嫌われていることに、傷つきます。
 言い返せない、論破できなくて悔しいと、自分を責めもするでしょう。ですが、この類の相手に、心を痛めること自体、時間とエネルギーの浪費かもしれません。決してあきらめない、やめようとしない、相手の痛みを介さないこの人に反撃しようと頑張ると、急性ストレス症候群に陥りかねません。

 いつまでもネチネチ嫌味を言ってくる人は、自分の正しさを証明しようと躍起になっているのです。相手をねじ伏せて自分が優位に立つことで、心の中の劣等感から目をそらそうとしています。
 真に受けて傷ついたり、一言でも返そうとすることは、同じ土俵に乗っていることになります。図らずも乗せられた土俵からは、降りることが先決です。

 立場が下だから、言い返せない性格だからと、自分に問題を探すのはやめましょう。たとえ、そうだとしても、変えられない自分を責めては、辛くなるばかりです。他の人も同様に、あなたの自然な振る舞いや人格を、攻撃するでしょうか?

Sponsored Link

ねちねちした粘着質な人は、物事をネガティブに捉える癖があり、攻撃されるのではないか、奪われるのではないかと被害妄想に陥り、情け容赦ない激しい攻撃を仕掛けてくることがあります。それは、その人の心の問題なのです。

 嫌味は、自分の同意が無ければ傷つきません。痩せている人は、太ってるねと言われても、傷つかないのです。
 また、相手を分別のある大人だと思うから、傷つきます。暴挙と思えるような攻撃を繰り返せる人は、年齢的には大人でも、健全な大人の脳を持っていないことが多いでしょう。
 付き合いが長く、相手の人となりを知っていれば、傷つくことが少ないものです。よくわからない隣人を、「分別のある大人」と無条件に認識してしまうからこそ、傷つくのです。社会的ポジションも、その人の人格を証明するものではありません。

 「私には悪意はない。解ってほしい。」と、容赦なく執拗な攻撃を仕掛けてくる相手に説明したい心境にかられることでしょう。胸の内を明かし、相手の態度を変えさせようと、誰しもが試みます。
ですが、何度説明しても、相手の態度は変わりません。だとしたら、理由はそこにはないのです。

 長い年月を経て、見えてくることもあります。かつて、ハラスメントを被った相手をふと思い出した時、「情けない、人として終わった人だったな。いい年をして、あんな態度を他人に取り続けていたのだから」と、思えるなら、それが解決の時です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する