Sponsored Link

FC2ブログ

臆病な人

 鈍感な人は、コワいもの知らずな大胆さを発揮し、繊細な人は、必然的に臆病になります。危険な兆候を少ない情報から察知し、最悪の展開を想像しやすいのです。危機を回避するための、これは重要な能力です。半面、取り越し苦労が多く、精神が疲弊しやすい欠点もあります。

 「傷つかないように」これが、繊細な人の生き方の基盤です。未知のものは避け、不安なものからは逃げ、失敗は避けられても、同時に、得られるものも少なくなります。
 繊細な人は「言いたいことが言えない」という生得的な性格傾向があります。相手を傷つけてしまったらどうしよう、頼みごとをしたら迷惑だと嫌われやしないだろうか、結果、自分が傷つくことを恐れて、我慢してしまいます。
 言わないのがいいことだと信じているところがありますが、我慢が続くと、その人間関係そのものに嫌気がさしてきます。相手も感が良く、察してくれるといいのですが、表現しないと気付かれず、無視され、雑に扱わることも多いものです。

Sponsored Link

心配性で臆病な性格傾向は、気質によるものですから、幼少期から現れます。心配した保護者から人格否定されて育つこともあるでしょう。否定されたからといって生来の気質は変わりませんから、自己評価が低くなるばかりです。

 強気な人は、恐れるものに立ち向かって、慣れることで克服せよとアドバイスするかもしれません。
ですが、繊細な人は、無理に立ち向かおうとすることで、強烈なストレスを受けます。ストレス障害で身体がダメージを受け、倒れることになりかねません。無理は禁物です。

「気配」や「空気」への敏感さは、そもそも優れた能力です。自己否定することなく、自分の個性を受け入れましょう。
 鈍感で、コワいもの知らずな大胆な人は、面倒を起こしやすく、危険に巻き込まれやすいものです。良いことばかりの性格はありません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する