Sponsored Link

DV-保護命令

配偶者からの身体に対する暴力、又は生命等に対する脅迫を受けた被害者が、
その生命又は身体に重大な危害を受けるおそれが大きいときに、
裁判所が被害者からの申立てにより、配偶者に対して発する命令です。
(1)被害者への接近禁止命令、(2)被害者への電話等禁止命令、(3)被害者の同居の子への接近禁止命令、(4)被害者の親族等への接近禁止命令、(5)被害者と共に生活の本拠としている住居からの退去命令、の5つの類型があります。

 


Sponsored Link

(1)被害者への接近禁止命令
被害者へのつきまといや被害者の住居、勤務先等の近くを徘徊することを禁止する命令。
期間は6か月。

(2)被害者への電話等禁止命令
被害者に対し下記のいずれの行為も禁止するもの。被害者からの申立てにより,被害者への接近禁止命令と同時、又はその後に発令されます。
1.   面会の要求。
2.   行動を監視していると匂わせるような発言。
3.   著しく粗野又は乱暴な言動。
4.   無言電話、不要な頻繁な電話・FAX・メール
5.   著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物の送りつけ。
6.   その名誉を傷つける発言。
7.   その性的羞恥心を害する文書、図画その他の物の送り付け。
 (3)被害者の同居の子への接近禁止命令
被害者と同居する未成年の子へのつきまといや子の学校等の近くをはいかいすることを禁止する命令。
※15歳以上の場合は子どもの同意がある場合に限ります。

(4)被害者の親族等への接近禁止命令
被害者の親族その他被害者と社会生活において密接な関係を有する者(親族等)へのつきまといや住居、勤務先等の近くをはいかいすることを禁止する命令。

(5)被害者と共に生活の本拠としている住居からの退去命令
被害者と配偶者が生活の本拠を共にする場合、配偶者にその住居からの退去及び住居の付近のはいかいの禁止を命ずる命令。期間は2か月。

●配偶者である相手方がが保護命令に違反すると
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。
 
申立ての方法
 
管轄のある地方裁判所に提出します。

スポンサーサイト
テーマ: 恋愛依存症? | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する