Sponsored Link

抑うつに陥ったとき

 たとえそれがDV、モラハラ的関係であったとしても、親密な関係性の崩壊は、紛れも無く「喪失」なのです。辺縁系の絆の喪失によって、報酬系は混乱をきたし、失意と抑うつに沈みます。「あれこれの苦痛から解放された、これはいいことなんだ」とは、俄かには思えません。
 ありきたりですが、回復には「休息」が大事です。疲弊した脳を回復させるためには、脳の中にこれ以上ストレスホルモンを増やさないことが大切です。
 栄養の充足も大事です。セロトニンはアミノ酸の一種トリプトファンから作られます。バランスの取れた食事と適度な運動、日光浴で物質としての精神を養いながら、いっぱいいっぱいの脳に、不必要な加重をかけないこと。

Sponsored Link

 可能なら、不快な状況を避けること。嫌な人とは会わず、嫌な場所には出かけないこと。
 抑うつ状態になると、決断力が鈍るばかりでなく、自分の精神の限界値もわからなくなります。
「逃げ出しちゃいけない、負けちゃいけない」
などと、自分の心に言い聞かせ、行きたくもない場所に出向いたり、会いたくもない人に会ったりします。たとえば、去っていってしまった人と顔を合わせねばならない会や、当然の権利とばかりにトゲを刺してくるその人の今のパートナー。あるいは彼らの友人で、あなたの苦痛に無頓着な人たち。
 ふたりを祝福する輪の中に混じるのは、限界値を超える出来事です。毎日のように傷を負っていると、痛みに対しても鈍くなってしまいます。それが吐き気を催すような非常事態であったことを、後から知るのです。麻痺してしまった心にはわかりません。
 帰宅した後、訳もなく涙が溢れます。何故か傷ついた感じがしています。でも、何故なのかわかりません。
 あまりにも「ねばならない」で本心を抑圧しているので、何が辛いかもわからなくなっているのです。
 あなたのみに起きた出来事を知りながら、あなたに批判的な知人と過ごしたために、自尊心が疼いてるのだと、後になって解ります。
 あまりにも傷ついているとき、一人で背負いきれずに、誰かに解ってほしいと思うものですが、同じ経験をしていない人、立場の違う人に打ち明けるのはさらに傷を増やしてしまう危険性も大きいのです。
 抑うつ状態にあるときは、「あなたにも落ち度はある」といった批判には耐えられません。
 元気なふりをして、傷ついていないふりをして、去っていった人や、そのパートナーや、彼らの友人たちの前で、気乗りのしない会話を交わし、無益なときを過ごすのはやめましょう。無益であるばかりでなく、有害です。
スポンサーサイト
テーマ: 恋愛依存症? | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 失恋の処方箋

コメント

しあさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
「傷ついたの」って告げると、「あ、ごめん。気付かなくて」って言ってくれるとうれしいのに、
逆ギレする人、いますね。
自分の言動が相手を傷つけたことに耐えられないんでしょうか。
「傷ついたなんて言って、わたしを傷つけるな。その言葉に傷つくんだ」というのが、
逆ギレの心理かもしれませんね。

2008/06/26 (Thu) 21:08 | 美優 #- | URL | 編集

美優さんこんばんは。
なんだか私の気持ちに添って記事を書いていただいているように感じます。
理性ではもうきちんと踏ん切りがついているはずなのに、時々感情面で以前の
ぐちゃぐちゃな気持ちが蘇って苦しみます。
元の夫は傷つくという言葉が嫌いでした。そんなことしたら傷つくってことが
わからないのか?というと「なに悲劇のヒロインみたいな事いってんだ。傷つく
なんて言葉いうんじゃねえ」と激怒しました。
その言葉に今でもコントロールされているみたいに、悲しむことも
自然に出来ないみたいです。
無理してカラ元気出さずに休まなければいけなかったんですね。

2008/06/25 (Wed) 19:53 | しあ #6J7EK2B2 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する