Sponsored Link

自己愛障害の裏と表

 この世で最も大切な存在、それは自分自身です。自己愛は人の根幹をなすものです。
 この正常な自己愛と、病的な自己愛を見極める指標の一つに、「暴力的な攻撃性」の有無があります。自己愛の障害では、自信過剰(誇大自己)や過度の自慢(自己顕示性)がよくみられます。そして、対人関係を、自己評価や利益を高めるために利用する傾向も顕著です。
 その結果、自分にとって利用価値のなくなった相手に対して、手のひらを返したように冷淡になることもあります。
 親密な関係である相手に対しても、その相手との関係が、自分に不利益をもたらすかもしれないと予見すると、まるで敵対しているかのような、攻撃的な言葉や冷やかな侮蔑の感情をぶつけることがあります。
 このときに、常軌を逸した暴力的な攻撃性が見られます。そして、一度攻撃性を炸裂させると、怒りを吐き出して収まるどころか、過集中が起きて、次々と怒りがさく裂し、とどまるところを知りません。もはや自分では止められなくなってしまうのです。
  相手の退路を塞いで、『正義の剣』を振るうために、相手に与える心身の傷害はときに、致命的です。ところが、本人は相手に致命傷を与えようと思っているわけではありません。自分の要求を飲んでくれたら、期待に応じてくれたら、付き合ってやってもいいと考えています。
 それだけに、相手が傷心のあまり、去ってしまうと、傷つき、裏切られたと感じます。こうした暴力は、甘えの手段ですから、誰に対しても振るわれるわけではなく、しばしばドメスティックバイオレンスの加害者像として浮かび上がります。

Sponsored Link


 過度の自慢や傲慢な態度は、一見カリスマ的な衣を纏って見えることもありますが、その内側には、他者の否定的評価や、拒絶のへの恐れが潜んでいます。
 自己評価が他者依存的ですから、調子のいい時には、自己主張が強く傲慢不遜な雰囲気を漂わせていますが、受け入れられない時には、抑うつ状態に陥ります。
 その恐れから、過度に礼儀正しい振る舞いを心がけたり、人間らしさを逸脱してまでも、社会規範に、やみくもに従ったりするのです。何が何でも人からよく思われたい、そうでなければ社会的な基盤を失ってしまうと、強迫的に考えます。生身の自分自身を人から見透かされることを、恥と感じすぎるといえます。
   その恥や失敗から守ろうとする自己愛が強くなりすぎると、不安と緊張を感じやすくなります。
こうした不安は、挫折を知らないが故に生じているとも言えます。失敗に慣れることも大事です。一度転んでしまえば、転んだときの、「実質的な」痛手がわかります。
スポンサーサイト
テーマ: 不安定な心 | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する