Sponsored Link

仮面うつ病とアレキシサイミア

 精神的ストレスの自覚がないにもかかわらず、いろいろな原因不明の身体症状が持続するような場合、それは心身症、「仮面うつ病」の可能性もあります。自分の感情を自覚することが乏しいアレキシシミア(失感情言語症)的な性格の人がなりやすいといわれています。心の不調の自覚がないので、他の疾患を疑って、内科や脳外科など、次々と受診することが多くなります。
  自らの内面に無自覚となりやすい心理として、仕事や恋愛などのうまくいかない人間関係に対する葛藤や失意を第三者に見せることを恥と感じる心理があります。上司からの叱責や、失恋で落ち込んでいる自分を情けなく感じ、外面的には躁的防衛で隠してしまうのですが、これが行き過ぎると、そうした自分の感情に目を向ける、自覚することを避けてしまいます

Sponsored Link

生物学的なメカニズムとしては、感覚や感情を司る脳幹や大脳辺縁系と、認知や知性の大脳皮質との伝達機能障害があり、また、左右大脳半球の機能の解離、右大脳半球で何らかの機能障害があると言われています。
 自らの感情への自覚が乏しいと、抑圧された感情が身体症状化することになります。自分の内面に気づくには、一人になる時間を持つことが大切です。あまりに外交的で、多忙のうちに、物事を表面的に受け流しすぎると、それらに対する自分の感情に気づく余裕がありません。
スポンサーサイト
テーマ: 不安定な心 | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 抑うつ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する