Sponsored Link

別れた相手をストーカーにさせない方法

 恋愛は始めるよりも終わらせる方が、はるかに難しいものです。元恋人がストーカーになってしまう例は、多々あります。見ず知らずの相手よりも、元恋人、元パートナーである方が多いのです。
 どちらか一方の心が冷め、もう片方は依然として親密な関係でいたいと望む時、別離は少なからず泥仕合になってしまう可能性があります。
 どうしようもなく止めようもなく恋に落ちてしまったように、どうしようもなく止めようもなく冷めてしまうのも恋です。
 ですが、心が離れていることを相手に見せつけようと、相手の目の前で他の異性とべたべたするのは、賢明な方法とは言えません。心のままに、「あなたが嫌いだから、寄ってこないで」と、唇に軽蔑の薄笑いを浮かべるのも短慮と言えます。

Sponsored Link

未練な思いに心を痛めながら、何とか関係性を紡ぎなおそうと寄ってくる相手が、鬱陶しく、愚かしく思えたとしても、相手を理不尽に傷つける別れ方だけは、絶対にしてはいけません。
 失恋の経験がないと、自分が失恋させる相手の心理がわからないかもしれません。また、人間は自分の立場を離れた視点を持ちにくいものです。
 相手から離れようとする自分の立場を正当化するために、相手を不当に貶めたり、相手の非を暴きたて攻め立てるのは狭量というものです。
 たとえ、相手に泥をぶつけるような別れ方をしたとしても、多くの人はストーカーにはなりません。それは自分が大切だからであり、残りの人生を棒に振るほど、かつて好きになった相手に価値を置いていないということです。
 たとえ、あっさりと身を引いてくれたとしても、理不尽な別れは、相手の心に怒りや未練、恨みといった感情を起こさせるものだと理解しましょう。
 好意を持ってくれたことに感謝し、応えきれなかった自分を正当化せず、相手の痛みに思いやりを持つ、誠実な別れ方をするように、努力することが大切です。

スポンサーサイト
テーマ: うつと恋愛 | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 失恋の処方箋

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する