Sponsored Link

柔和な人

 モラルハラスメントの加害者になるような人も、誰彼見境なく攻撃を仕掛けているわけではありません。選ばれるのは、柔和な雰囲気を漂わせた人、決して攻撃的な印象を受けない人といえるでしょう。報復されない、安全な相手を見定めてターゲットに選んでいるのです。
 実際に、柔和な人は言動による理不尽な攻撃を受けても、即座に反撃せず、閉口しているうちにその機会を失い、その結果、トラブルは未然に防げますが、後々まで消化しきれない思いを引きずってしまう場合もあります。
 時には「なぜ、反撃しないの?」と周囲から問われて、返答に困ることもあるでしょう。精神的に弱い人、自信のない人といった見方をされることもあるかもしれません。 

Sponsored Link


 柔和な人には、圧倒的に、人と争う経験が足りません。むしろ、人を傷つけるのはいけないことだというビリーブを持ち、常日頃、他者への配慮を怠らない生き方をしてきたといえます。相手の顔色や声のトーンでその心理を窺う能力にも長けていることでしょう。そのおかげで、多くの人間関係をおおむね良好に保つことに成功してきたのです。
 これは、背景に低い自尊心や他者への依存といった問題要因があるというよりは、そうすることによって友人を獲得してきた成功体験によって強化された生き方の癖といえます。
 問題は、そうした平和主義の外面が、ある種の人に「容易に支配に甘んじそうな人」と誤解されるときに発生します。いうまでもなく、温厚な人も、けっして隷属を好む人ではありません。ただ、波風を立てるよりは、「イエス」と言ってやり過ごそうとする傾向はあるかもしれません。
 攻撃的な相手に遭遇した場合も、当初はこれまでのやり方、より友好的に接して相手の武装を解かせようという戦略を試みます。こちらに敵意がないことを示せば、友好的な姿勢を示せば、相手も不信の鎧を解いてくれるはず!!
 これが、柔和な人が無意識のうちに取っている戦略です。そこで、相手が態度を改めず、なおさら鬱憤解消のサンドバックにしようとする場合には、相手を見限って、何も言わずフェードアウトしようとします。それがかなわない場合、初めて自分を守るために闘う決意をするのです。
 誰しも、一緒にいて不快な人、わけもなく一方的に攻撃を仕掛けてくる人を、好んで友人にはしません。浅い付き合いのころは気付かなくとも、そうと解れば距離を取ります。したがって、モラルハラスメントは、よく知らない他者から加えられる暴力であることが多いといえそうです。
加害者にとっては、支配できると思っていた相手の裏切りと映るかもしれません。それは、相手の裏切りではなく、他者を使って自らの鬱憤を解消させようとする依存心が拒絶されたにすぎません。いくら相手が柔和であっても、それは甘えすぎというものです。
スポンサーサイト
テーマ: 癒し・ヒーリング | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する