Sponsored Link

絶望を癒すもの

 もしも、あなたが家族も仕事も友人もなくし、たった一人永遠の孤独に耐えながら、絶望だけを抱きしめているとしたら、同じように絶望の中に住む人を癒せるのは、あなたをおいて他には居ません。同じ人生の修羅を知り尽くした、あなたをおいて他には居ません。
 家族にも友にも仕事にも恵まれ、何一つ苦境を味わったことのない人が、マニュアル通りの慰めの言葉を口にしたとして、決して相手の心を癒せないのです。むしろ自分の裕福な姿が、相手を一層惨めにしてしまうばかりです。それだけで充分相手を傷つけているのに、慰めの代価を要求しては、怒りしか買いません。

Sponsored Link

 同じ絶望を知るものしか、真の共感はしえないといっても過言ではありません。絶望の何たるかを知るからこそ、少しでも相手の力になりたい、元気づけたいと思う、その思いなくして、真の共鳴は得られないのです。
 明日のパンを案じているものに、他者の懐に頼って、スポーツカーを乗り回しているものが、頭上に立ち、上から目線で神の啓示を告げたとして、はたしてどれほど心に響くというのでしょう。仕方がないことと諦めつつも、この世の不平等に、いら立ちが募るばかりです。決して希望は芽生えません。
 とはいえ、弱い立場に置かれたものは、恵まれたものの下位に立ち、働かねばならなという不条理にも満ちています。だからこそ、絶望のどん底にいる人の、希望の糸をつむげるのは、同じ絶望の涙の味を知るあなたしかいないのです。
スポンサーサイト
テーマ: 壊れそうな心 | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する