Sponsored Link

独り泣く夜

 たった一週間で心変わりするくらいなら、告白なんてしないでほしかったよね。人の心は、一瞬先は闇だから、仕方ないことかもしれないけれど、一瞬、幸せの予感に満たされた後、奈落を知るくらいなら、聞きたくなかった。知らずにいたかった。

 泣き顔なんて見せたくないから、しばらく誰にも会いたくない。独りで泣いて過ごすよ。
 今度会うときには、いつになるかわからないけど、その時には、何事もなかったかのように笑っているから。屈託なく話すから。
 今はそれができそうにないから、だからひとりきりで過ごしたいよ。

 絶望の深さも孤独の味も知り尽くしているから、必要な時にはいつでも、力になりたいと思っているよ。もしも、人生に意味をなくしているのなら、私がここに居るから。いつでも気にかけているから。でも、それが必要ないのなら、もちろん、遠く離れているからね。迷惑かけたりしないから。いつでもいつでも、遠くから、幸せを願っているよ。
スポンサーサイト
カテゴリ: 失恋の処方箋

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する