Sponsored Link

愛すること愛されること

 特定の誰かから、意中の相手から、愛されたい、特別な存在になりたいと願わない人はいないことでしょう。
 ところが、愛されたいと願うとき、人の心は、不安でいっぱいになります。ありのままの自分では魅力がないような気がして、何か相手の期待に応えて、必要とされるようになりたいと考えるのです。
 必要とされるために自分の時間を削り、相手のニーズに合わせ、気が付いてみると相手にとって都合のいい存在になってしまうこともあります。常に相手の顔色ばかり窺い、安らげません。その挙句に、軽くあしらわれ、不本意な関係に終わってしまうと、何やら裏切られた心境になり、「私の時間を返して。あなたのために使ったお金も返して。」と叫びたい気持ちになったりもすることでしょう。
 愛されたたいと願うだけでは、人の心は強くなれません。自分は愛されるに値するのかと思うたび、どんどん自分の価値もディスカウントしてしまいかねません。

Sponsored Link

この人を幸せにしたい。この人を守りたい。そうした心境になった時、人は生きる勇気を得るのです。守りたい対象があって、初めて、強くなれるのです。相手を支えたい、でも、私は相手から守られなくても、ちゃんとやっていかれるから大丈夫、そうした心理的立ち地位にあるとき、人の心は最も自由と言えそうです。
スポンサーサイト
テーマ: 恋愛心理 | ジャンル: 恋愛
カテゴリ: 恋愛依存

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する