Sponsored Link

妄想性障害の成り立ち

 妄想性人格障害の基本的な構えは、常軌を逸した人間不信です。加えて、嫉妬心も強く、いつもパートナーの不貞を疑っています。
 はた目には、人と打ち解けにくく、集団の中で孤立しがちな人と映ります。自ら、人を避け、孤立を守っているようにも見受けられます。また、避けがたい対人接触の場では、異常に腰が低く、卑屈ともいえる姿勢を見せることもあります。自尊心の低さを疑うような態度です。
 青年期の時点で、人との適切な交流の在り方を学び損ねてしまっているようにみえます。子供のころ内向的であっても、人にもまれているうちに自然と身に付けるはずの自分への信頼感が、獲得できずにいる人格ともいえそうです。

 「他人は冷たい」といった訴えをしがちです。「不幸の始まりは、あの時、親戚が誰もお金を貸してくれなかったから。」と恨み節の不幸話で、同情を引こうとすることもあるでしょう。
 何かあると、常に他人のせいにして、決して自分の非を認めないのが、妄想性人格の特徴です。記憶を書き換え、事実を都合よく湾曲して、自分を被害者に仕立て上げます。この事実の書き換えこそが、妄想性人格の根幹と言えます。
 それを共有してくれる人材を求めます。多くの場合、家族、パートナーです。ですが、家族には修正の痕跡が容易に見て取れます。ストレートに否定すると逆鱗に触れるので、徐々に宥めて説得することとなります。家族は疲弊しきってしまいます。

Sponsored Link

妄想性障害は、責任転嫁の癖が身についてしまっています。自分は常に正しいにもかかわらず、理不尽に非難されると嘆きます。そうすることで、責任を背負って立つ苦しさを回避できます。被害妄想は、防衛の手段なのです。
 人に対する不信感は、他者との交流の乏しさ、孤独のゆえに生じてきます。他者との適切な距離感がつかめないので、他人には不信と疑惑の目を向ける一方で、家族など、一部の人には自他の境界を逸脱した幼児のような依存心を示します。人の言動から「空気を読む」ことが不得手なために、「信用できる人、できない人」と分けてしまうのです。
 往々にして、このへばりつくような依存は、家族には精神的暴力となります。
 
 人間関係の機微を調整する、誰もが日常的にこなしていることですが、実は高度な対人能力を要求されることです。相手の言動からその人となりを理解して、距離を定める、これは、前頭葉が的確に機能し、微細な情報を統合、処理する能力が担っています。
 発達障害や、老化による微細機能障害がある場合、空気が読めなくなり、大脳辺縁系で生じた不安を前頭葉の現実見当識で鎮めることができません。そこで、うまく場になじめない疎外感や不安が暴走し、対人恐怖となり、自分を疎外する周囲や社会への憎悪が内面に巣食うこととなります。恐怖と怒りは非情に近い感情なのです。
スポンサーサイト
テーマ: 統合失調症 | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 妄想性人格障害

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する