Sponsored Link

振り回される恋

 付き合い始めて数か月。それなりに身体の触れ合いはあるのに、心の距離が縮まらない。遊ばれているかもしれない。そんなふうに感じたとすれば、その直感が当たっている確立は高いでしょう。

付き合いの初期は、電話やメールがなく音信不通ぎみだと、交際を申し込まれたけれど、ほんとに自分の事好きなのかなあ?1対1でのデートの第一印象で、心変わりされたのかなと、疑心暗鬼になります。

 遠距離でもないのに、月に1度位しか会わない、会えない関係は、都合のいい時に呼び出すだけの関係といえそうです。諦めかけていたころに連絡が来て、いきなりなれなれしく手を繋いできたりされては、ますます混乱してしまうでしょう。
 それでも、うれしいと感じてしまう。会えないのが寂しくて、不安が募っている時点で、相手と自分の好意に温度差が出ています。

 次の約束は、また来来月......!!やっと会える月いちのデート!!何を着ていこうかとそわそわ準備しているほど、ドタキャンされた時の落ち込みは計り知れません。
 その理由も、人に逢う約束ができたとか。優先順位のあまりの低さに、もうこの人とはダメだと、終わらせたくなることでしょう。

 背を向けようとすると、相手は追って来ることもあります。好きだを連発され、初めて会った時からかわいいと思っていたと告白され、テンション低すぎとのギャップに釈然としないまま、それでも、彼を好きな気持ちに引きずられてしまうことになりがちです。  
 相手に受け入れられたい、早く安定した関係になりたいという願いが強ければ強いほど、都合のいいように振り回される傾向が強くなるといえるでしょう。

Sponsored Link

外食はお金がかかるからと、デートの場所はいつも自宅。料理を作って、あれこれの家事をして、まるで日帰り同棲のようです。
 ワクワク・ドキドキと楽しい時期のは初めのうちだけ、なんだか違和感が募ってくるとすれば、明るい未来像が描けないからに他なりません。
 言葉ではなく声音の変化、目線のみをチェックすると、相手の本心を掴みやすいかもしれません。諸々のサービスを要求するときは、甘い声で好きだを連発するけれど、終わると途端に冷たくなる。会話が弾まない、続かない。何かしっくり来ない事を、本能的に感じます。
 女性が、この人を幸せにしたいと、懸命に身の回りの世話を焼いたり、尽くしても、相手がこの女性を守るために戦いたいと考えてくれるとは限りません。
 その場合は、目の前にある熟れた果実といったところでしょうか。欲望には抗えず、謝罪のような「好きだ」「愛してる」の甘い言葉は、当然低いトーンになります。
 彼女の心に愛されない痛みがあるとき、彼の心には幾何かの良心の呵責があるのかもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 愛のかたち | ジャンル: 恋愛
カテゴリ: 恋愛依存

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する