Sponsored Link

ジキルとハイドのプロフィール

 児童期にネグレクトや疎外、心理的虐待などを経験すると、他者は自分にとって危険な存在であるという認識を形成しやすくなります。すると、うまく対人関係を結べません。他者を警戒する一方で、内心には強い親和欲求があり、二つの欲求が分離したような状態になっています。
 内心では、たとえ、どれほど我がままにふるまっても、危害を加えても、全てを受け入れ、献身的に尽くしてくれる、親にすら不可能な神のような愛を夢想していたりします。
 こうした状態では、外では対立を生まないよう、受け入れられやすいコメントを、心にもなく発したり、他者の意見に迎合したり、という態度に陥りやすくなります。温厚で人柄がいいという評価を受けていることも多いものです。
 ところが、親密な関係性では、そうした仮面を外しますので、勢い我がままになります。何でも許して受け入れてくれる相手だからこそ、外でのフラストレーションや、溜まった憤懣のはけ口にしてしまいがちです。

Sponsored Link

身構えて距離を置き、社交辞令的に対処してしまうか、傍に居てくれる相手には思うがままに従ってくれる「融合」を望む、という形になるのです。
 本人は、心理的虐待に該当するなどとは思っていません。唯一、心許せる対象、そう感じていることでしょう。
 内心に対人不安を宿している人は、自分が快く思わない相手にすら好かれたいという願望を抱いています。従って、批判には非常に傷つきやすいのです。
 争いはよくないこと、誰とでも調和しなければならないといったビリーブを持っている場合もあるでしょう。誰でも信頼しているように見えて、核心のところでは信頼が足りないといえます。
 迎合的な態度を改めるには、批判されても傷つきすぎない、他者の評価に自分自身の評価を委ねない姿勢を、少しずつ培っていくといいのでしょう。嫌われたところで、さほど影響のない相手から、ちゃんとNOや意見をいう練習を始めるといいのかもしれません。
 孤立する事への恐れが、根強く根底にあるかもしれません。ですが、迎合することで築かれる絆は、所詮都合よく使われるだけの関係になることも多いものです。外でちゃんと自分を守り、戦うべき相手と戦えるようになれば、味方になってくれる対象への八つ当たりも、減っていくことでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する