Sponsored Link

追いかける恋

 意中の相手から告白されて、順調な交際が始まり、彼の心を掴んだと思った矢先、いきなり彼からの連絡が途絶えてしまった........!!
 こうした場合、押してはいけない、と、待ちの姿勢でいても、一向に進展がない!!すると、彼のことを考える時間が長くなり、執着が生まれます。
 ちょっとした用にかこつけて、メールや電話をしてみたり、ついでだったからと、相手の自宅近くまで、足を延ばしてみたり.......自分には、冷めかけた相手にはこれっきりにしようと言い聞かせながら、取る態度は逆になっています。

Sponsored Link

彼は、追いかけられていると感じます。たわいない用件であろうと、かなりの空白期間があろうと、連絡を取ってくるという、それ自体が好意のあかしなのです。
 連絡を入れると、これからも当分忙しいので会えないといいつつ、来月のお祭りに一緒に行こうと誘われたり....。脈がなさそうでありそうで、約束の日までの待ちの時間が、一層相手への恋心を募らせることになります。
 相手からの告白で始まったはずなのに、いつの間にか、彼を追いかけ振り回されているのです。相手が積極的であれば、もっと冷静に見えていたはずの欠点も、逢いたい思いで吹き飛んでしまいます。
 彼が彼女の関心を自分に向けさせようとして、連絡を絶ったわけではないかもしれません。おそらく最初のテンションが下がり、優先順位も下がったのでしょう。それでも、まったく嫌になったわけでもありません。そのあたりの揺らぐ心理が、あやふやな態度に反映されています。
 そこに彼女からの連絡が入り、惚れられていると確信すると、もはや追う必要はなくなり、自分の都合で付き合いを進めようとします。彼女の方は、逢いたい一心から、彼の提示する条件をいつも飲むようになります。
 なかなか会えないとわかった時には、益々相手に執着するものです。好かれたい、嫌われたくないからと、何でも相手の言いなりになると、都合のいい存在になってしまいます。彼の心を手に入れたくてしている行動が、ますます彼の心を冷ましてしまうのです。
 逆に言えば、彼はテンションが落ちたことによって、尽くしてくれる女性を手に入れたのです。彼が熱心であれば、彼女は早々と、彼に対して「不合格」の判断を下していたかもしれません。
苦しい恋を避けるには、追いかけないこと、待たないこと。とはいえ、ままならないのが逸る恋心というものですが。
スポンサーサイト
カテゴリ: 恋愛依存

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する