Sponsored Link

対等な関係

 非難攻撃的な彼とのあれやこれやを誰かに相談すると、異口同音に、そんな相手とは別れるのが幸せへの道、と、答えが返ってくることでしょう。別れるか、それとも現状に甘んじ続けるか、白か黒かの二者選択に誰しも陥りがちです。ですが、そうあっさり、決別を決められるものなら、そもそも悩んだりしないことでしょう。
 別れられないでいるということは、まだ相手がたいせつな存在であり、完璧に見限っていないということです。相手が、望むように変わってくれることを期待せず、自分の関わり方を変えることによって、関係性を変えることは可能かもしれません。

Sponsored Link

非難攻撃的な人は、自分が上に立ち、相手を従えることで安定を見出したいと考えています。争いを避けるために譲ってばかりいると、少しずつストレスは溜まり、やがて相手に対して腹を立てることとなるでしょう。自分の立ち位置を離れてまで相手に同調しようとはせず、自分の都合や好みや言い分を、その都度、やさしく、そして毅然と示していくことは大事です。決然と、しばらく距離を開けることも、場合によっては必要かもしれません。
 この人は、自分のあのような言動に対して、このような応えを返してくる人だと、お互いの理解しあうことです。支配的な人は、そうでない人よりも相手の心情への共感能力が乏しいといえます。我慢の限界は、示さなければ気付きません。相手のわがまま、執拗さ、依存の多さ、何であれ、耐えがたいと思うことは耐えないことです。
 これまでは、相手との関係性をたいせつにしたいがために、譲歩してきました。これからは、相手との関係性を守るために、自分の限界を相手に示しましょう。相手の気持ちを思いやるばかりでなく、自分の心の声も聞いてあげるように。我慢を重ねて怒りを爆発させるのではなく、自分の気持ちを言葉で伝えるように。相手が望んでいても、流されず、自分が嫌なことにはNOと言うように。相手のNOを快く受け入れるように。
•相手の気持ちや考え方の違いは、どちらかが矯正して同化するのがいいと考えず、違いを違いのままに認め、互いの意見を尊重する、そうした関係になりたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する