Sponsored Link

縁があるなら

 長い付き合いの友人と、ほんの些細なことですれ違ってしまうこともあります。ほんのちょっと支えてほしい時に、相手にとってはそれが重荷なのか、音信不通になってしまった。このまま長い友情も自然消滅かな?それなら、それで仕方ない....。そんなふうに思っていても、縁があるなら、ほとぼりが冷めたころに、また戻ってきて、すれ違った時の心情など忘れ、変わりなく付き合いが続きます。同性の友人ならば、暫く音信不通になっても、執着にとらわれて深追いしないからでしょうか。
 もちろん、それぞれの人生の曲がり角ではぐれてしまったまま、時が静か過ぎ去っていく、そういう場合の方がはるかに多いものですが。

 恋をしている最中には、相手が離れていくときにはそのままに、帰ってくる時には何事もなかったかのように、などという心境にはなれそうもありません。早く安定した関係性になりたいと願い、焦るものです。相手の一挙手一投足にも、愛されていないような気がして、不安にもなります。

Sponsored Link

 縁があれば、自然の流れに任せておいても、また戻る事もある。それっきりになってしまえば、それだけの相手。そう考えて、自分の努力で相手との関係をコントロールしようとする努力を、手放すことも必要かもしれません。
離れている間は、四六時中彼のことを考えず、自分のために時間を使うようにしたいものです。仕事や他の友人との過ごし方など、自分の自尊心を高めることをして、自信を高められる考え方をするほうがいいのでしょう。初めてのスピーチは、うまくできなかった。でも、苦手だからとしり込みせず、引き受けてトライした。自信があるとかないとか、ぐるぐる考えず、結果は後からついてくると決めて、とにかくやってみた、などなど。

 恋を幸せの基準と考えず、この恋がダメになっても、もう他の誰かが現れず、一生一人でも、それが自分の人生なら、それでもいいやと呟いてみる。そして、彼のことは、いつも気にかけていこうと思う。
 たとえタイミングが合わなくて、寄り添う人生が歩めなくても、それならもういいやと背を向けないで、人として、元気でいるか、困ったことはないかと、遠くからでも見守ろうと思う。近くにいると、相手の至らなさばかりが目につき、傷つくことが多かったけれど、離れてみて、そんなふうに、いたわりや優しい心情に包まれるなら、それはもう恋ではなく、愛かもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 愛のかたち | ジャンル: 恋愛
カテゴリ: 恋愛依存

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する