Sponsored Link

心の距離

 人と人との心理的距離。目に見えないだけに、意外と難しいと感じることも多いのではないでしょうか。他者との距離感が解らないと、人間関係がうまくいかなくなったり、生きづらさを感じることが多いものです。
 古い付き合い、親しい間柄ならば、相互に相手の人柄を受け入れているので、齟齬は生じにくいでしょう。問題となるのは、知人、同僚などのちょっと親しい程度の知り合いです。
 ここで、相手との距離感が解らないと、べったり融合しようとするか、敵意を抱いて遠ざかるかの極端な態度になりがちです。
 何度か雑談した程度の相手に、いきなり悩みを打ち明けてみたり、相手のプライベートにズカズカと土足で入り込んでいくと、相手は困惑してしまうでしょう。
 接近する以前から、相手に親近感を持っているような場合、近づいてコミュニケーションも取ると、親しくなったかのように錯覚するかもしれません。
 ただ、それだけでは、親密になれるわけではありません。どこまでの自己開示が適切なのか、相手の反応を見ながら、その都度調整していくことが大事でしよう。本音を言うときには、相手の許容範囲を見計らいながら、という姿勢が必要です。気付かずに、相手の『地雷』を踏むと、その人間関係は破綻してしまいかねません。

Sponsored Link

少しずつ小出しにしていきながら相手の反応を探りましょう。
 また基本的には、相手の関心事やしていることに対して、批判的にならないことです。相手に多少至らないところがあるとしても、基本、相手が好きであること。でなければ、どうして近づく意味があるのでしょうか。

 必死にすがりつく相手を探しているような人の場合、融合しようとして、意のままにならず、相手に敵意を抱いて遠ざかるようなことが、往々にして起こります。 相手側からすれば、今までの人生こんなに大変だったといった愚痴を延々と聞かされたあげく、 あなたはいいよね、苦労のしたことないでしょ、もっと苦労しなさい! 今のままじゃダメ、などと説教されたのではたまりません。
 親身に話を聞いている間、その人は、私の人生体験に比べれば、この人の苦労など、身から出たサビ程度にすぎないと考えているかもしれません。ただ、安易に自己開示していないだけです。
 その人の過去に何があったか知りもしないで、表面だけを見て判断するのは破滅的です。ストレス解消の的にするのもいいかげんにしてくれと、堪忍袋の尾を切られるのが落ちです。すると、烈火のごとく憤って、その人との対話で生じた鬱憤をぶちまける第三者を、また他に物色せずにはいられないでしょう。
 相手は、自分を満たすための道具ではありません。親友のように何でも話が出来る対人関係が築かれていない状況から、いきなり親密な話を持ち出しても無理があります。まずはさりげなく、表面上の付き合いを整えていくところから始めましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する