Sponsored Link

人間関係を良くするために

 人づきあいで何か不愉快な感情が生じた時、わたしたちは簡単に相手を批判してしまいます。相手が精神的に未熟だから、至らないから、こんな状態になっていると相手を責める光景は、日常的に見られます。ですが、責めて相手との関係性が良くなることは少ないでしょう。たとえ、指摘されるだけの非が相手にあったとしても、相手は自分の立場からの事情説明、あるいは言い訳を口にすることでしょう。そして、それを責めてくる人との間にわだかまりを感じてしまいます。
Sponsored Link


 相手の短所は、すぐに目につきます。都合の悪いことに、それは相手の性格や長い間の生き方の癖として現れているもので、指摘されたところで、容易に変化できない類のものでしょう。
 それよりも、相手のいいところを見つけましょう。自分の良さを見出してくれる相手を、人は尊重します。
 相手の至らないところより、優れているところに目をとめ、相手を尊重しましょう。相手の価値を軽んじたり、貶したり、体面を失わせたりしては、その相手との関係性は壊れます。
 相手に対するあなたの態度が、あなたに対する相手の態度を形成していくのです。
スポンサーサイト
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する