Sponsored Link

恋と自尊心

  あなたがここに居てくれるだけで幸せ。これは最高の承認です。あなたを受け入れているというメッセージなのです。恋愛は、傷ついた自尊心を回復させる最高の妙薬になります。
 ところが、傷つくことを怖れる人は、素直に相手の好意を信じられません。本当の自分を知られてしまったら、あるいは、他に誰かいい人が現れたら、相手はきっと去って行ってしまうだろう。そんな不安を抱えています。そこで、本当に自分を好きなら、どんなことでも、言うことを聞いてくれるだろうかと、試したくなります。次々とお願いをするのです。
 「この人を幸せにしたい。幸せを感じてもらいたい。」そう思っている相手は、快く引き受けてくれることでしょう。ところが、何をしてもらっても、相手に何かをお返ししたい、相手のために何かしたいとは感じません。相手の好意を確かめる行為には、相手への好意は含まれていないのです。

Sponsored Link

相手には要求ばかりを繰り返し、自分が口にした約束は、ことごとく反故にする、こうした態度ばかりを繰り返していては、相手は次第に疲れてきます。一方的に与えるだけでは、心は充たされないのです。「都合よく利用されているだけでは?遊ばれているだけでは?」どれほど好意を持っていたとしても、次第に疑念が生じてきます。
 また、自分を至らない人間だと思っていると、そういう自分に好意を寄せてくれる相手もまた、暇人であるかのように感じてしまいます。せっかくの相手の魅力も評価できません。相手の弱点を指摘したり、低く評価して、相手を傷つけてしまいます。「この人との将来は、やっぱり考えられない。」と相手が感じるほどに。そして、諍いや別離を招きよせるのです。
 相手が去っていこうとしているとき、相手が必要不可欠な人だと感じているなら、必死で引き止めたい時です。ですが、傷つきやすい心は、追いかけることができません。相手は、追ってきてくれることを待っているにもかかわらず。
 たとえ、自分から口にした別れのことばであっても、相手にすがりついてほしかった。にもかかわらず、相手はあっさりと去ってしまった。それだけで、打ちのめされるに充分なのです。追いかける気力もない。それでも、去ってしまった人が、戻ってきてくれることを、密かに望んでいたりします。
 傷ついた自尊心は、周囲から受け入れられることによって、誰かから愛されることによって、自信を構築しようとします。ですが、その誰かをじっと待ったり、愛してほしいと要求を出し続けていては、うまくいきません。自分のささやかな言動で、相手に笑顔が浮かぶとき、自分の中に相手を元気にする、幸せにする力を見つけるとき、はじめて揺るがない自尊心が生まれるのです。
スポンサーサイト
カテゴリ: 恋愛依存

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する