Sponsored Link

許さなくてもいい

 人間関係には、何かと理不尽なことも起きます。誰かに腹を立てたり、憎んだり、恨みを抱いたとき、相手を無理矢理「許さなくては」と自分を責めていませんか。
 許してあげなさいよ、それが精神の健康のためだから、などと他人は簡単に言うかもしれません。自らの魂が引きちぎられるような経験に遭遇するまでは。その人の上にもそうした出来事が起きた時、その人も許すことの難しさを知ることでしょう。

Sponsored Link

攻撃してきた相手が、なぜそのような不可解な言動を取ってきたのか、いつまでたっても理解できないこともあります。理解できたとしても、許しがたいことも多々あります。人を許せないのは辛いことですが、自分が被った痛手を想うと、それもいたしかたない事なのです。まず、その人を許せない自分を許してください。心が狭いなどと責めないでください。
 ポジティブに解釈しようと、「よい経験になったと感謝しよう」と考えようとしても、疲れてしまうばかりです。いつか幸せな環境に落ち着いたとき、あるいは逆にもっと大変な出来事が押し寄せた時、もはや気にならない程度の出来事と化してしまうかもしれません。その時まで、時折、当時が蘇ってきて、ぐわわっと怒りが盛り上がってきても、そのままに、寝かせておきましょう。
 共感を得たいと、誰かに話すのはリスクがあります。話した相手に内心「心の狭い人だなあ」と悪感情を持たれたり、他の誰かに吹聴して、批判の的になってしまいかねませんから。
 日記に綴って、後で読み返してみるのもいいかもしれません。その時は、「あの時は大変だったね。よく耐えてきたね。頑張ってきたね。」と自分を労ってあげてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する