Sponsored Link

成熟の時

 私たちの過去には、数々の痛みが散らばっています。心が幼く未熟であればあるほど、対人関係での傷を負いやすいのです。
 そうした数々の痛手を通して、今では、あの頃には解らなかった人の心の構図が見えてきました。些細な問題はいつも起きるけれど、いつまでも心を煩わせるほどの事ではないと、感じるようになってきました。
 一緒に時を過ごす相手を、選ぶようにもなりました。かつては、愛しても愛し返してくれない人を、追いかけたこともあったかもしれません。今では、ちゃんと心を返してくれる人を、さらに幸せにするために自分の存在を使おうと決めています。
 的外れな非難や中傷を真に受けて、泣き言や言い訳を口にすることもありません。動揺して傷つくほどの価値もないことだと、今では知っています。

Sponsored Link

相手の価値を認めようとせず、事あるごとに皮肉や嫌味を言わずにはいられない人の、ご機嫌取りなどもうしません。攻撃しながら依存してくる人を、頼られるからと言って不必要に擁護することもありません。
 自分の心が、あの頃よりも慈愛に満ちていることを知っています。愛情は、それにふさわしいものを返せる相手に注いでこそ、育つものだとも知っています。
 周囲の人たちには、穏やかに、笑顔を持って接します。人の為に、ちょっとした雑用もこなします。自分のために何かしてくれた人には、心からの感謝を感じます。普段は柔和ですが、それに不当に付け込もうとする人がいれば、自分のために立ち上がります。ですが、本当にそうしなければならないシーンは、そう多くはないと知っています。成熟するほどに、心は痛みから解き放たれます。
スポンサーサイト
テーマ: 癒し・ヒーリング | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する