Sponsored Link

職場のハラスメント

 職場のハラスメントは、個人の問題であるとともに、組織の問題でもあります。精神的負荷の多い職種、それぞれのメンバーが時間的、体力的に余裕のない状態では、他者のミスに不寛容になりがちです。
 あるいは、メンバーの中に、人間性に問題のある人がいると、職場全体がその人の姿勢に影響され、ハラスメントが容認される傾向もあります。そうした場合には、組織全体が支払う代償も大きくなりますが、渦中にいると慣れから認識が甘くなってしまいかねません。
 加害者は、不健全な精神性を持っていると考えられます。後輩から挨拶するのが筋、といった硬直した上下関係に捕らわれた支配性が強い人、ストレスへの閾値が低くすぐに暴発する地雷のような人、些細なことを悪意に解釈し、いつまでも嫌味を言い続ける人、いずれの場合も他者の痛みへの共感性が欠如しています。

Sponsored Link

モラルにも縛られませんが、損得には敏感です。したがって、攻撃は対峙すべき相手にではなく、出しやすい相手に出ます。その相手が反撃しなければ、より攻撃が激化したり、習慣化します。集団の中では容易に連鎖する危険性もあります。 「何故、こんな不当なことをするのか?良心は痛まないのか?」入社早々ターゲットに選ばれたような場合には、わけが解らないことでしょう。まだ横の連帯感を持たない、いわば孤立した状態の人は狙われやすいと言えます。その人が、反撃しそうもない柔和な雰囲気を漂わせていたり、加害者のコンプレックスを刺激する美点を身に付けていればなおのこと。
 「いじめ」は加害者の報酬系を刺激する手段となっているのです。その人は、現状に不足を抱いていたり、前途に不安を抱いていたり、過去の人生経験にも累積した不満を抱えていることでしょう。こうした状態の心理の特徴として、「他人の不幸は蜜の味」です。ハラスメントは、偶然訪れる蜜の味に頼らず、自らそれを紡ぎだします。
 加害者の心は、自らの過去の傷や現状への不安ばかりを見つめています。被害者ポジションに住み着いています。そのために手負いの熊のように凶暴で、周囲には危険な存在となっていることに気付きません。手ごろな、手にかけられる相手を手にかけても、心は自らの傷ばかり見つめているために、相手への同情心は湧きません。むしろ、無関係な弱者への攻撃に成功することによって、日ごろの劣等感やストレスの埋め合わせをし、自信を強めているのかもしれません。
 こうした状況下では、被害者が離職する可能性は高くなります。被害者に去られると、加害者は次のターゲットを物色します。職場の人材は常に流動的となります。職場は、戦力となる人材に常に恵まれず、その職場自体の存続が危うくなりかねません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する