Sponsored Link

FC2ブログ

ハラスメント加害者像

 被害者、あるいは傍観者としてハラスメントに遭遇した時、「あの人はなぜこんなことをしているのだろう?」と不思議に感じたことはありませんか? 
 誰でも、疲れや多忙さから、いら立つことはあります。そんな時には、つい、傍に居る人に刺々しい口調を返したりしたこともあったかもしれません。そうした態度は持続しないのが普通です。ストレスから余裕をなくしてしまっている自分の姿に気付き、八つ当たりされた相手に対して、申し訳なさを感じるからです。そしてまた、相手との関係性を持続させようとします。だからこそ、相手からも、今日はご機嫌斜めだ、何かあったのかなと、余裕を持って受け入れられるのです。
 人間関係を良く保つには、自分の心のバランスが傾いたときにはそれに気づき、振り戻す必要があるのだといえます。時たま不機嫌になったり、あれこれ至らないところがあるにせよ、自分はいい人間であり、相手もまたそうだという認識が根底になければ、他者と良い関係を構築し、維持していくのは難しいのかもしれません。

Sponsored Link

至らなさがあると周囲に受け入れてもらえない、見捨てられるという不安が潜在意識にあると、自らを守って他者に責任を転嫁し、相手はいじめられて当然の人間だとして、周囲も、自らも納得させます。加害行為に対して、羞恥心や罪悪感が生まれにくくなります。相手を自分よりも劣った存在として貶めることによって、自分はこの人に比べるとまんざらでもない、そうした自負心を得ていると言えます。
 こうした行為が慢性化してしまうと、相手の痛みに対する共感性がマヒしてしまいます。相手が苦情を訴えないと、何も感じていない鈍感な人だと認識してしまいかねません。そして、我慢の限界に達した相手が反旗を翻すと、まるで裏切りにあったように錯覚して、さらに正当化で武装して相手を叩きのめそうとします。
 被害者や、取り巻く人々に出会う以前の人生ドラマで、すでに加害者の「自尊感情」は低下しているのでしょう。自尊感情が低い人は、周囲からの尊敬や肯定で自己評価を高めようとして、自慢話をしたり、格下と見なした相手に横柄な態度をとったりします。
 そしてまた、自尊感情の低さ故に、自分の言い分が通らないと、攻撃されたかのように過剰に反応し、そのストレスが、安全な相手への「いじめ」という暴発に至ることもあるのでしょう。弱い相手を打ち負かすことによって、自分が強くなったり、偉くなったりしたような錯覚を覚え、自尊感情が一時的に膨らむのかもしれません。
 ですが、当然のことですが、無関係な他者を批判したり、劣位に立つ人に無謀な振る舞いをする人に、敬意を払う人などいません。見くびられたり、敬遠されたりするばかりなので、対人関係の構築、維持にはいつも失敗し、ますます他者を「敵」と認識する傾向が強まります。自分を受け入れてくれない「他者」「世間」だからこそ、攻撃することに良心の呵責は喚起されにくいのです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する