Sponsored Link

良い関係を築くために

 思考の傾向や生活習慣など、自分にとって普通のことが、相手にとって改めてほしい「難」と映っている、というのはありがちなことです。特に親しくなりたい相手の「難」は、よく目につきます。この人と付き合って大丈夫だろうか、不幸になる兆候はないだろうかと、無意識のうちに品定めしているのかもしれません。
 そして、わたしたちは、相手にそれを指摘する、改めてほしいと要求するという過ちを犯しがちです。ですが、その人を形成する特徴は、生来の性格に因るところも大きく、指摘されたところで、直せない場合が少なくありません。
 それに、性格やあり方を否定されるのは、相手がだれであろうと、うれしいものではありません。余計なお世話と拒絶されることも、多いことでしょう。
 なぜ、わたしとより良い関係を築くために、自分自身の至らないところを改めて、成長しようと思わないのか、愛情がないのだろうかと、あなたは考えるでしょうか。中には、もっと自分にふさわしい人がいるかもしれないと考え、踵を返して、他の誰かを選ぶ人もいるかもしれません。ですが、何一つ欠けることのない理想通りの人などいないことでしょう。
 互いに、自分の意に叶わない相手の特徴を指摘しあい、せっかくの二人の時間を不快にしてしまうことは、少し本音を出せる距離になったころに、ありがちかもしれません。あなたが私の理想に近づいてくれたら、わたしは幸せになれると、互いに言っているようなものです。

Sponsored Link

では、相手を自分色に染めようとすることよりも先に、何をしたらいいのでしょう。わたしたちが付き合いたいのは、付き合って心地いい人です。指摘や要求が先になると、付き合いにくい人になってしまいます。
 相手の「難」は一応胸に収めて、良いところに着目しましょう。さりげなく、相手が自信を持つきっかけとなる言葉を、心して選びます。お世辞ではない、誠意のある態度が大事です。人は誰でも、胸中に人知れず不安を抱えていますから、自分の良さを発見してくれ、受容してくれる存在を求めています。不安があれば励ましを、憂いがあれば希望に繋がる言葉を、そう、相手に要求したいものを、ことばで求めるのではなく、こちらからまず差し出すことでしょうか。そうして、相手にとってかけがえのない存在となれば、少々耳の痛い話にも、耳を傾けてくれることでしょう。
 いずれにしても、相手の人となりを知り、ストレスなく対応して寄り添える良い関係は、一日にして成らずです。それまでには何度か、あの人はなぜあんな態度を取るの!?信じられない!!とぼやくのかもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 愛のかたち | ジャンル: 恋愛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する