Sponsored Link

悪意ある人


 人から陰口を囁かれたり、誹謗中傷されると、わたしたちは何か自分に問題があったのかと、自らの言動を振り返ります。ときには、人に好かれない性格なのかと、自らの個性を恥じてしまうことさえあるかもしれません。
 ですが、自分が相手に悪意がないのに、悪意を投げられるのは、相手自身の問題であることが多いものです。後輩や同僚に負けたくないばかりに、相手を苛め抜くことに何ら良心の呵責を覚えない人もいます。少しばかりの優越感から、相手を嘲笑う人もいます。他者にどういう態度を向けるかは、その人の人間性に他ならないのです。にもかかわらず、非難や疎外に遭遇すると、わたしたちはひるんだり、凹んだり、少なからず傷ついてしまいます。
 所属する組織や集団の中に自分を敵視する人がいると、わたしたちの精神は寛げません。そこで、その人を宥め、好意を持ってもらおうと、気の進まないままに友好関係を結ぼうとすることもあるかもしれません。ちょっとしたプレゼントで好意を示したり、相手の長所を見つけて誉めたり、相手の棘のある言動を善意に解釈しようと努めたり。
 これといった理由もないのに嫌ってくる人に、好きになってもらうのは、気疲れと不快感で心的エネルギーを消耗します。しかも、それほど頑張っても、仲良くなれるとは限りません。
 ですが、あなたをたいせつにしない人をたいせつにする必要はない、あなたが相手から扱われたように、相手を扱いなさい。等と言われても、お返し、倍返し、10倍返しができる人ばかりではありません。皮肉や嫌味、揚げ足取り、裏に回っての悪質な画策など思いつかない人も多いことでしょう。そうした誠実な人ほど、相手を敵にしないために仲良くしようと骨を折る方法を選びがちです。

Sponsored Link

 妬みなどからくる的外れな批判といったプレゼントは、受け取らないことです。それは相手のものなのです。人は自分を基準にして、相手の心中を推し量ります。自分ならそういう状況ではこう動くから、相手の動機もそうだと決めつけるのです。相手のことを語っているようでいて、自分を語っているのです。自分を曝け出しているにすぎません。
 取るに足らぬような理由で他人を貶し、取るに足らぬようなことを自慢する人は、人からの称賛に飢えているのかもしれません。自慢話しは聞く人々をしらけさせ、不愉快にさせます。さらに、傍に居ない第三者を貶し非難するねちっこく陰湿な話題は、聞くに堪えません。その噂の人物に幾何かの非があるにしても、聞く者は話し手の怨念に恐れをなしてしまうのです。
 高慢な悪意のある人はそのままに、いざというときに支えてくれる、あなたにふさわしい誠実な人たちとの友好を深めましょう。非難された自分を恥じて、孤立してしまわないように。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する