Sponsored Link

友人関係 崩壊の前兆

 相手が自分の期待に応えてくれるものと、あまりにも期待をかけすぎてしまうのは、相手を疲弊させてしまいます。しかも、その相手が自分の期待に添いきれないと判断すれば、それは失望に変わり、相手を責める気持ちが生まれます。
 相手の心にも、変化が生まれます。期待に添えないのは、添えきれない事情があるからに他なりません。それを責められたからといって、期待に応えられるような状況になるわけではありません。無理なものは無理なのです。あまりにも身勝手な要求だと感じ、嫌悪感も芽生えてきます。フィフティフィフティの関係性を保つために、もっと後退し、自分のための時間を大切にしたいと思うようになります。相手の権利や自由を尊重せず、意のままにならない相手を非難して、期待に添わせようとするのは、自らの中に愛がない証です。未熟なパーソナリティの証しとも言えます。相手をたいせつにしなければ、その関係性は崩壊していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する