Sponsored Link

脱迎合のすすめ

 あなたの友人が、陰であなたを批判しているのを小耳にはさんだら、あまりいい気分はしないことでしょう。なんだか裏切られたような心境にすらなります。
 だからといって、相手の期待に添うよう、態度を改めるのはストレスがかかります。他人を怒らせないよう、表面上は合わせる、自分の意見や怒りは我慢する、争いになるなら自己主張しない、それは人間関係を円滑にする良い戦略かもしれません。ただし、周りが同様に平和主義者ばかりであるならば、です。
 いつも微笑んで受け入れてくれる、柔軟で心優しい人の元には、その優しさを利用しようとする人たちもやってきます。そういう人たちの頼みごとを受け入れて、ひどい目に会うような経験ばかりが積み重なれば、いつしか他者不信や被害者意識が芽生えてしまわないとも限りません。実際、パワーハラスメント等の被害にあって、心を病んでしまう人たちの中には、穏やかで迎合的な人たちが多いのも事実です。

Sponsored Link

相手に好かれなくてもいい、と考えてみるのが最初の一歩かもしれません。迎合的な人の深層心理には、自分が嫌ったり軽蔑している相手からも、良い評判をもらいたい、全ての人に受け入れられたいという意識が眠っていることがあります。
 成長期に、ありのままの自分を受け入れられなかった、疎外されたり、虐待を受けていたという成育歴があるのかもしれません。そのために、人を懐柔する手段としての迎合が、成功を収めたために習い性になってしまったのかもしれません。
 そうした場合、あなたを利用して使い捨てようとする存在に出会ったとき、困惑します。次なる戦略がないと、さらに迎合することによって、相手に受け入れられようとします。困難な相手に受け入れられることによって、自己評価を高めようとするのです。その先に待っているのは、都合のいい人と言う位置づけです。嫌われることはなくとも、尊重されることもありません。
 あるいは、指示命令されるのが嫌なばかりに、そうした隙間がないほど、自主的に常に忙しく立ち働こうとするかもしれません。そして、過労で倒れた時、「嫌々やっているから病気になりやすいのだ。」「実はそれほど重症じゃないけど、休みたいばかりの仮病じゃないか。」などと非難されかねません。
 体調のいい時には、この人も多忙でサポートを欲しているのだからと、相手の立場に立って理解を示しても、不調の時には頭に来るかもしれません。怒ってしまう自分を責めてはいけません。感情は自分を守るために生じるのです。すでに相手をサポートし過ぎていたと気付く時なのかもしれません。
 あなたができないことはできない、嫌なものはイヤだという態度を示したら、その人は、他にもっと役に立ってくれる対象を見つけることでしょう。その時は、自分のポストがなくなったと悲しまず、解放されたと喜びましょう。利用価値がなくなったからと去っていく人は、友人でも恋人でもありません。
スポンサーサイト
カテゴリ: 恋愛依存

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する