Sponsored Link

相手に期待しない

 わたしたちは、他人に対して、それなりの働きをした時、当然期待していいことを期待してしまいます。もっと尊重されるはず、もっと大切にされるはず、もっと受け入れられるはず、と。
 ですが、世の中には相手を受け入れる用意の無い人もいます。適当な言葉で相手をおだてて、都合よく使って、自分に従わせながら、少しも相手に信愛や慈愛を示さないのです。
 その人の、他の人に対する態度は誠実でしょうか?脅してでも、自分の都合に合わさせるようなところはないでしょうか?また、人それぞれに抱えている痛みに対して、敏感でしょうか?他人が苦しい心情を吐露しても、表面的な理解しか示さず、批判的ではありませんか? DVの被害を受けながらも、それでも相手への愛着から別れられずにいる、そういう人を非難したり陰で笑って噂する人に、あなたの悩みを受け止めるキャパシティがあるでしょうか?
「あの人はなぜ、あんな態度を取るのか?わたしはもっと大切にされたい!」
 傷つき悩んでいる私たちの心には、こうした呟きが潜んでいます。

Sponsored Link

その人に必要とされることが必要でしょうか?必要とされることは、一方的に動労を負担することではないでしょうか?過労で倒れた時、その人はいたわりを示せたでしょうか?やわだと文句を言ったり、気合が入っていないと精神論を持ち出して批判などしなかったでしょうか?
 相手のニーズに従う一方では身が持たないと、時には断る姿勢も覚えたのではないでしょうか?すると、代って雑用を引き受けてくれる他の人を賛美し、相対的にあなたの存在はかすんでしまいましたか?成すべき仕事はこれまでどおり、やっているにもかかわらず。
 だからといって、相手からの感謝の言葉を得るために、また激務に忙殺される状況に陥りたくはありません。その美辞麗句も形だけのお世辞で、心からの感謝でない事も解っています。その人は、そんなふうにしか人を扱えないのです。それはあなたに対してだけでなく、全ての人に対してそうであることでしょう。
 その人はそういう人なのです。私はこれだけのことをやってきたのだから...と、自分だけは特別なポジションに付けるとは思わないことです。そういう人なのだとわきまえて、自分に無理のない範囲で付き合って行けば、心の負担は軽くなるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する