Sponsored Link

守りたい存在

 守りたいものが自分しかないとき、人は強くなれないかもしれません。自分以外の誰かを守ろうとするとき、必死になるとき、予想外の力を発揮できる、そんな気がします。たとえ、それが小さなペットであっても。わたしがいなければ、このコは怒濤に迷う、そう思うと、苦しくても頑張る心境になれるでしょう。
 パートナーや子供の存在は、時には重荷と感じることもあるかもしれません。ですが、自分の支えを必要としている存在、その存在こそ、弱い自分に勇気を与えてくれているのでしょう。
 自分以外に支えるべき存在がない時、押し寄せてくるストレスやプレッシャーに耐える必要を、時として見失ってしまいます。

 パートナーや家族、恋人などから優しさをもらっていても、もらう一方では人は充たされません。それを当然と思う心に、倦怠と退屈は忍び込みます。与えられても与えられても、充たされず、孤独と虚無を感じるばかりです。

 守りたい命を守ろうとするとき、人は躊躇うこともなく、困難に向かって行こうとします。自分でも驚くほどの行動力を得るのです。人は、自分が支えようとするその存在に、支えられているのかもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する