Sponsored Link

うそと衝動抑制障害

 すぐにばれるようなうそ、あるいはすでにうそだとばれているような言い訳を、性懲りもなく繰り返す人には、想像力が欠けています。過去の経験から学べない人とも言えるでしょう。過去は忘却の波間に消え、今この瞬間だけに生きている人と言えるかもしれません。
 出来そうもない約束を自ら進んで口にし、繰り返し破るという言動も目立つかもしれません。自分はすぐに忘れてしまう過去を、他の人たちは忘れずにいるということに、思い至れないのでしょう。つまらないうそを口にするたびに、自分の評価が地に落ちていることに気付いていません。それが自分に不利な影響となって返ることを、考えません。ただ、今この時さえ無事に、自分の欲求を通せて通過すれば、満足なのです。そのためにだけ、しどろもどろになって声を上ずらせながら、うそをつきます。

Sponsored Link

こうした言動の背景には、心理学的要因ばかりでなく、脳機能的な問題も基底に抱えていると考えられます。社会性の欠如のひとつの表出といえるでしょう。社会的なルールや暗黙の約束事、マナーを守れず、マイルールや自分の欲求に従う言動も周囲の目に付くことでしょう。
 一見して柔和で、温厚そうな印象を与える人は、遠目には気付かれにくいかもしれません。ですが、自分の不誠実を巧妙に相手のせいにするといった発言が目立ちます。平気でうそをついたり、約束を破ったり、それを咎められると今度は逆ギレして、相手が、余計なことを言わなければよかったと後悔するほど、いつまでも激高し続けます。
 自分の欲求を満たすことばかりを考えているので、相手の欲求に気付きません。口に出してお願いされたとしても、それを叶えることなど論外です。相手に配慮や忍耐を強いることになるので、対人関係は不安定です。相手が理解と従順さを示してくれ、優位になれる形でしか関係を維持できません。
 自業自得で信頼を失ってしまうと、傷つき、ますます人付き合いが嫌になって、自ら孤独を選ぶようになります。人づきあいは疲れる、人と付き合ってもいいことがないというのがその言い分です。時に、家庭の中で暴君として君臨し、家族を悩ませます。
スポンサーサイト
カテゴリ: 脳と精神

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する