Sponsored Link

愛の無い人-不足を言う人

 日常の会話の中で、「この人は人類愛の無い人だなぁ。」あるいは、「他人の痛みの解らない人だなぁ」と感じることはありませんか。
 愛のある人とは、自分の言葉で不用意に人を不快にさせない配慮、相手を楽しくさせる話題を選んだり盛り上げたりといった気遣いが自然にできる人でしょうか。気遣いし過ぎて疲れる状態との相違は、自分の評価を周囲におもねていないところなのでしょう。ですから、自然体です。
 一方、愛の無い人の口からは、傍に居ない人を貶めたり、嘲笑ったりすることばがあふれ出ます。その言葉を聞くと、傍に居る人の心は、ちょっと退きます。あまり深くかかわらないように用心しようと思うのです。
 愛の無い人は、感謝しない人でもあります。感謝と愛は近い位置にあるのです。

Sponsored Link

周りにいる人たちの心遣いや贈り物を、もらって当然、当たり前だと考えていると、感謝できません。そればかりか、足りないと不足を言うようになります。そして、もらいながらも、与えてくれる相手を責めるのです。なぜ、これだけなのか、あれもこれもそれも、やってくれないのかと。
 もっともっとと求めてくる人に、与えすぎるのは良くありません。そうした人は、引き受けてくれる人には、更なる要求を出し続けます。引き受け続けてしまうと、息切れして倒れることになりかねません。そして、もう与えるものが何もないと言うと、あっさりその人は去って行くことでしょう。
 おそらく、その人は目的志向の人なのでしょう。目的のために他者を部品のように使い、壊れた部品は他の部品に取り換えて、何事もなかったかのように先へ行く...。人間関係への投資は、信頼関係の構築ですから、取り換えの効く部品になってしまっては、リターンが望めません。
 リーダーとして立つ人は、周囲の人が自分のために働くことを当然と受け止めやすいポジションに居るのかもしれません。また、周囲に配慮ばかりしていては先に進めないので、強引に引っ張っていく力も問われることでしょう。
 ですが、協力への感謝と、個々人の事情に通じたいたわりがなければ、この人の為に働きたいと思われるのは難しいことでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する