Sponsored Link

追い詰められた告白

 仲間、友人、あるいは恋人として付き合ってはいるけれど、もっと先へコマを進めたい、そうした時、告白したくなる人も多いことでしょう。どれほど相手のことを真剣に考えているか、伝えればきっと次の段階へ進めるはず.....そうした期待を持って。
 翻って考えれば、今の状態が、自分にとって物足りない状況に陥っている証しとも言えます。相手との間に、気持ちの温度差が生じているのです。
 そうした状況下での、親密になりたいが故の告白は、ともすれば傷つく結果になりかねません。相手から押されると、人の心は冷静になってしまうのです。一方的に相手から愛情を示されると、怠惰にもなります。
 すでに相手がそうした域に達していると、焦りを感じて、さらに一歩を進めたいという心境に陥りやすくなることでしょう。今を楽しむ余裕がなくなり、白黒つけたいと追い詰められた視野狭窄に陥るのです。

Sponsored Link

停滞した関係に陥っているのならば、気持ちをことばにするよりも、少し緩めてみるのもいいかもしれません。逢えない間も頻繁に電話やメールをしていたなら、やめてみること。これまで、関係性をステップアップさせるためにしてきた努力を手放してみるのです。そうすることで、これまで見えなかった全体像が見えてくるかもしれません。
 友人の恋愛相談なら的確に見えていたはずの全体像、自分の事となるとさっぱり解りません。人は、どうしても自分の立場を離れて考えることが難しく、客観視できにくいものだからです。こと恋愛に関しては、希望的予測も入ってしまいます。
 どんなに好き勝手してもずっと傍に居てくれる相手に、人は手を抜きがちです。離れていくかもしれない、そうはなってほしくない相手なら、きっと考えるはずです。
 会っているときは、逢っている時間を楽しむ、それが愛を行為で示すこと。会っていないときは、相手のことを考えない、執着を手放していく。自分の方がより熱くなっているときには難しいものですが。
 思い通りにはならないし、思い通りになるのが幸せとは限らない、と考えておくことも大事かもしれません。痛い思いをするような別れになるのなら、その人と長く付き合うことに伴う苦労からの解放、恵みだともいえます。
スポンサーサイト
カテゴリ: 恋愛依存

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する