Sponsored Link

コントロール欲求

 他人は意のままになりません。自分の手足ではないのですから、当然です。そんなことは百も承知ですが、わたしたちはともすれば相手に多くを期待しがちです。相手が期待に応えてくれることで、愛されている、相手にとって必要な存在であると感じて幸福感を味わったり、他者を支配(コントロール)できる有能感を感じます。 このコントロール欲求に、自覚の乏しい人も多いかもしれません。何らかの条件が自分よりも下位に位置する人と好んで付き合いたがる傾向に、それは表れることもあります。自分より下の存在を批判したり、矯正しようとすることによって、自らの自尊感情を高めるのです。往々にして、自らの自尊心を飾るために相手を傷つけていることに気付きません。

Sponsored Link

上司と部下の関係性で、権威や力を振りかざすのは、解りやすいコントロールの形です。正当化によるコントロールは、気付きにくいかもしれません。あなたの方が間違っているから、改めなさいと言う形ですが、相手が屈辱を覚えることもあるでしょう。そうした素直ではない相手に対して、さらに、恐れや罪悪感を抱かせるといったコントロールに及ぶ場合もあります。
 見下されたり脅迫されたと感じて、気分のいい人などいません。しぶしぶ従ったとしても、相手への怒りが蓄積されていくことになります。その人間関係には、次第に心理的距離が開いてしまうのです。
 すると、更なる強いコントロールで、相手を自分に従わせようとする人もいます。
そのように相手を支配しようとしているとき、相手が応じてくれたとしても、感謝の心は生まれにくいものです。言わなくてもやってくれて当然なのに、何度も言わなければやってくれないと、払う動力が多い分、不満を感じてしまいます。
 
 相手からの要求が荷が重いと感じる時、基本的には応じないという態度がたいせつでしょう。応じると、更なる要求を突き付けられることになります。
 とはいえ、相手との絆を築きたいと切に願っているときには、人は往々にして、嬉々として相手の期待に添ってしまうものです。そして、築けたのは絆ではなく、相手にとって都合の良い存在になっている自分であることを発見することになりかねません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する