Sponsored Link

価値のない人間

 人の役に立たないと、人から必要とされないと、生きる価値がない。ままならない現状に自己卑下して、こんなふうに考えてしまう人もいるかもしれません。では、みんなの役に立つ人は幸せなのでしょうか?

 自分のニーズを満たしてくれそうな相手に、人は近づいていきます。他者から必要とされることのみを喜びとしていると、いつの間にか、頼みごとや用事を持ってくる人ばかりに囲まれているといった状況にもなりかねません。気が付けば自分のしたいことをする暇もない、もうたくさんだ、などと叫びたくなるかもしれません。周りの人の役に立つ「いい人」は楽じゃないのです。

 親友や恋人、パートナーがいない、周りの人たちとは表面的な付き合いばかり、こうした状況にあるとき、それは自分の人格の欠陥だと考える人もいるかもしれません。こうした状況下では、人は、承認欲求や愛情欲求が働いて、ともすれば頑張りすぎてしまいます。そして、周囲に役に立つ人にはなれたかもしれないけれど、周りに自分の役に立ってくれる人がいない!!といった状況を招きかねません。



Sponsored Link

また、社会に必要とされることにしか自分の価値を見つけられないでいると、離職や離婚といった出来事で、自己肯定感まで失いかねません。そればかりでなく、子供や老人や障害者など、生産的ではない人々の人生の価値を軽んじる思考にもつながる可能性があります。人間社会に役立つことや、ある価値基準を満たすと以外に価値がないと考えるのは、自分をないがしろにするばかりでなく、周りの人たちにも条件や能力を要求し、それに満たない人を差別する傾向を生みやすいのです。そこに、多様な環境下に生きる人々や、自然界に生息する多種多様な生命への慈しみはありません。
 自分の人生の価値を、他人のニーズや評価に任せにしてしまないよう、気を付けたいものです。人から褒められなくても、必要とされなくても平気、人の心は風向き次第で変わるものだから。人は人、自分は自分、そんなふうに心の距離を開けたいものです。
スポンサーサイト
カテゴリ: 認知と社会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する