Sponsored Link

皮肉や嫌味を言う人

 誰かに嫌味や皮肉を言うのは、その人に対する陰湿な攻撃ともいえます。敵意を露骨に示すことを躊躇しない人、相手はそう認識することでしょう。そして、何故敵視されるのだろうと、首をかしげるかもしれません。
 言われた相手に心当たりはなくとも、言っている本人にはちゃんと理由があります。自分の中にあるコンプレックスが刺激されているのです。
 誰しも、どの分野でも、他の人より上に立てるわけではありません。自分の方が劣っていると感じる場面は、日常の中にも多々あることでしょう。だからといって、誰もが、皮肉や嫌味、揚げ足取りをして、その後に自慢話を長々と付け加え、といった対処をするわけではありません。それはその人の稚拙なコーピングスタイルと言えるでしょう。

 嫌味や皮肉を言う人たちと、上手に付き合っていくにはどうすればいいのでしょう?少し付き合えば、相手が非常に劣等感の強い人だと解ります。そこで、相手の自慢話に賛同して、一緒に相手を持ち上げるジョークを言って、笑って.....疲れます。心にもない事を言えば、人は疲れるのです。

Sponsored Link

嫌味に傷ついた様子を見せれば、相手の思うつぼだとばかり、平気な振りをして聞き流す人も多いことでしょう。ですが、これでは、相手の嫌味は止まりません。皮肉られているのに気付かない感性の鈍い人だとばかりに、どんどんエスカレートしてくる可能性もあります。コンプレックスを抱えている人は、陰湿で執拗なのです。この人は、良心の呵責を感じないのかと、攻撃されるサイドは呆れるほどです。

 皮肉を言う人は、自分の心に免罪符を張って、良心の呵責を感じないようにしている場合もあります。もういい加減、やめてください、こういう状態は辛いんです、とあなたが限界に達して、きっぱり言った途端、猛攻撃に転じてくる可能性もあります。あなたがああだから、こうだから、そうだから、わたしにはこういう態度を取る権利があるとばかり、責任転嫁をして非を押し付け、あわよくばこちら側の罪悪感を刺激して、謝罪させようとするかもしれません。押し問答になった挙句、あなたは消耗して距離を取る結果になるかもしれません。そして、悔しさばかりが残ることでしょう。
 嫌味や皮肉を言う人たちには、最初から仲良くできない人と割り切って、それなりの反応を返すのもいいかもしれません。相手の棘を、優しさを持って包み返すのにも限界があります。何らかの理由で嫌われているのなら、その人を嫌ってもいいのです。
 自分のコンプレックスにどう向き合うかは、その人の問題なのです。自己流の正義感や我の強さ、相手を徹底的に叩いて当然とする憐れみの無さ、等で劣等感を防衛していることに、本人が気づく必要があります。どれほど好意的に接しても、あなたの存在自体が目障りだというのでは、如何ともしようがありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する