Sponsored Link

支配的な人のプロフール

 支配的な人は、自分の都合次第で、他者を自分の手足の延長のように使おうとします。相手の事情など、全く考慮しません。
 命令口調で指図するばかりでなく、相手が思い通りに動いてくれなければ、罪悪感に訴えたり、同情をかき立てようと涙ぐむこともあるでしょう。そして、思惑通りに事が運んだとしても、自分が利用した人に対して、心から感謝することはありません。人が自分のために何かをやってくれるのは当然なのです。
 ですから、相手に対するお礼や、感謝の表現は、一応口にするにしても、表面的な、見え透いたお世辞といった響きになりがちです。相手がその頼まれごとのために使った金銭的、時間的、動力的コストなどを省みることもありません。
 自分のために骨を折ってくれる相手の働きに感謝しないばかりか、相手の能力も低く見積もります。この人の手にかかれば、どんな人も、問題のある困った人であるかのようです。背後にあるその人の抱えた事情を見ようとせず、表面に現れた氷山の一角だけを見て、その人の全存在と捉えてしまうからそうなるのです。

Sponsored Link



席をはずしている人を、小ばかにしてあざ笑うようなこともあるでしょう。そこに居合わせて、その浅慮な批判を聞いてしまった人は、いいようのない不快さを感じるかもしれません。自分も、席をはずしているとき、こんな風に言われていそうだと。
 支配的な人は、他者を尊重する心を持ちません。周囲に対して威圧的な態度で、自分の思い通りに人を動かそうとする上司やグループのリーダーに、こうしたタイプの人は多いことでしょう。支配される状況が続くと、他者からの評価も低くなり、自尊心が痛みます。
 ついつい、善意から相手のいいなりになっていたのなら、少しずつ態度を改めていきましょう。思い通りになってくれる人は、都合よく使われます。使ってあげてるんだから、与える喜びを知りなさいよ、などと自分を正当化してくることでしょう。
 必要とされているから、それに応え続けてきたから、特別な存在になっているはず、と考えるのは錯覚です。都合よく使える人なら、誰でもいいのです。絆を感じるどころか、扱いやすい人だと、見下している可能性が大きいといえます。
 いくら、対等で親密な関係性を築こうとしても、相手が自分のエゴを満たしてくれる都合のよい相手を探しているだけなら、いつまでたっても親しくはなれません。こちらからのアプローチは最小限に留めておくのが賢明と言えるでしょう。役に立たなければ、他に都合良い人を見つけてそちらに行ってしまうことでしょう。
 自分がつぎ込んだ時間やお金や動力は何だったのだろうと、やりきれなくなり、腹が立つかもしれません。人にしてもらうのは当たり前だと思っている人に、見返りを期待しない方がいいかもしれません。この人の為にやったのではなく、自分が楽しむためにそうしたんだ、と割り切ることにしましょう。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する