Sponsored Link

モラルハラスメント依存症

 弱い立場の部下や、優しい恋人、パートナーを、暴言で傷つけたり、都合よく扱ってしまう人は、自分を恥ずかしく思わないのだろうか?と、その人の精神構造を理解しがたく感じる人も多いことでしょう。相手の恨みを買うこと、周囲からの評判を落とすことに、なぜ平気なのだろうかと、首をかしげずにはいられません。

 暴力嗜癖も人間関係依存症の一つです。自分よりも劣っているとみなせる相手を、必要としているのです。相手の至らなさが、相対的に自己評価を高めてくれるからでしょう。
 自分よりも能力の低い相手とパートナーシップを組むと、必然的に判断や責任を担う経験が増えていきます。そうした経緯がまた、精神的な上下関係を生みだします。相手よりも自分の方が能力が上だから、相手は自分の指示や意見に従うのが当然と考えるようになっていくのです。相手が違う意見を口にしても、耳を貸すほどの価値はないと判断すると、話し合いの場すら持ちません。
 そうした行為が、相手の人格を傷つけているという自覚は、全くありません。むしろ、相手が機敏に対応しないことを、悩みの種としています。できの悪い部下やパートナーを持って、自分は不幸だと考えているのです。

Sponsored Link



そのような相手なら、早々に縁を切り、優れた相手とパートナーシップんを組めばいいのですが、そうはしません。「できのいい人」は、そうそう自分の支配に甘んじてはくれませんから。ハラスメント依存者が選ぶのは、思い通りになる相手、御しやすい相手なのです。
 当然、そこに慈愛の心はありません。愛のない対象に、求めるものがあるとすれば、それは利用価値です。
 相手が傷ついていることすら、全く気付けません。相手が指図通り動いてくれる、それがあまりにも日常と化してしまっていると。相手を蔑んで、自己有能感を高めていることにも、気付いていないかもしれません。

 相手からの献身を日常的に受け取り、相手が何でも思い通りに動いてくれても、わがままな暴君は感謝しません。幸せだと感じていないので、感謝する理由がないのです。
 人は、自分の中に相手への慈愛の心がなければ、いくらたいせつにされ愛情を注がれても、幸福を感じられないものです。幸福感や相手に対する責任感、思いやりは、愛着を基底として生じてくるのです。自分の中に愛がなければ、一方的に与えられても、心には退屈と虚無と不幸感が忍び込むばかりです。

 尽くしても当然とみなされ、軽んじられるといった状態を予防するには、ちゃんと見返りを求めることでしょうか。与えても与えてもお返しがないから、愛を返してほしくて、さらになけなしのものまで与えてしまう。相手への依存が深いと、つい、こうした無理をしがちですが、相手にしてみれば、努力せずに手に入るものは価値がないのです。
 「見返りを求めず、与えることに喜びがある」などという言葉は、要求するばかりで、何のお返しもしない人が、好んで使いたがる言葉です。見返りもなく与え続けてたら、いつしか怒りや恨みが生じてしまいます。
 引き受けることの負担以上の喜びがあるから、その喜びを求めて相手と関わる、それが自分を基準にして、自分をたいせつにすることなのでしょう。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する