Sponsored Link

あいまいな関係

 彼からの連絡の回数が減ってきて、電話の内容も用件のみの短いもの。もしかして、もう私に飽きてしまったの?こんなとき、ネガティブになってどんどん不安が暴走しがちです。

 確かに、慣れてくると、そっけなくなったり、会話が弾まなかったり、逆に言いにくいことはズバズバ言ったりしがちです。もう、わたしたち、おしまいかも.....他の誰かを探した方がいいのかも....と、相手のイヤなところばかりを探して、無意識のうちに、嫌いになろうとしていたりします。いざ、その時が来たら、深く傷つかないための防御策かもしれません。とはいえ、思い出すのは一緒に過ごした日のことばかり。愛着が強すぎて、断ち切ることなど、出来そうもありません。

Sponsored Link




 そんなときには、適度に放っておくのがいちばんかもしれません。毎日連絡がないと、私がいなくとも平気なんだ、それだけの関係でしかないんだ、と不安になるあなたに引き換え、放置しても平気な相手は、そんな事ぐらいでダメにはならないと、あるいは、ダメになっても構わないと、安心しているのでしょう。それだけ相手の方がテンションが低いことは、確かなようです。
 そこで、ついつい、こちらから連絡してしまいがちですが、過ぎると面倒くさく思われがちです。だからといって、あまりに時間が空くと、いつしかコミュニケーションの希薄さから、情も薄くなりかねません。繋がっている感覚を失わないためには、さじ加減が大事なようです。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する