Sponsored Link

自己不信スキーマ

 あなたの考え方、受け止め方に似た特徴は、以下の項目のうち、いくつあるでしょうか?
1.何かあると、自分をダメな人間だと意識してしまう。いつも、心の奥底に自分はダメだという思いがある。
2.自分を好きになれない。
3.人に嫌われたくないと、常に気を使っている。相手が気を悪くするかもしれないことは言わない。
4.いやがられたくないから、頼みごとやお願い、指示命令などできない。
5.ミスを恐れて、完璧を心掛ける。
6.他人と自分を比較して、みじめな心境になる。
7.人と親密になると、いやな思いもするかもしれないと怖い。
8.恥をかきたくないので、目立ちたくない。ゲームなども、前もって練習を積み、うまくなってから参加する。
9.軽蔑されること、非難されること、攻撃されることを恐れている。
10.相手を怒らせたくなくて、従順だったり、迎合的だったり、という防衛をしている。

Sponsored Link



11.また、嫌な事を押し付けられるのではないかと、指図的な人を嫌う。
12.臆せず自己主張することが少なく、その結果、思い通りにならない事が多いので、どうせ意見を述べても無視されるだろうと、諦めモードになっている。
13.何かを批判されると、全存在を否定されたように感じ、ひどく落ち込む。
14.人は、いつか私を見捨てて、離れていくだろうと思う。メールがすぐ帰ってこないなど、連絡がつかないと、もう嫌われてしまった、見捨てられてしまったと感じる。
15.友人や恋人の、他の交友関係が気になる。他の交友関係に比べ、自分は見劣りがするように感じる。
16.他者と親しくなっても、結局傷つくだけだから、最初から親密な関係にならないように、心の距離を開ける。
17.親しい人とも、いつか交流がなくなる。結局、自分は一人だと思う。
18.自分に関心を持つ人などいないと思う。
19.よく仲間外れにされていると感じる。集団の中にいて疎外感を感じる。
20.自分の居場所がないと感じる
21.いつも相手に譲ったり、合わせてしまう
22.物事を悲観的に考える方だ

 これらはすべて、不適切な自己概念です。誰しも、その場の状況や心理状態によって、いくつか該当するものですが、気付いたら修正していきましょう。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体
カテゴリ: 認知と癒し

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する