Sponsored Link

支配したがる人

 他者を支配したがる人は、相手の都合を考慮しません。自分のスケジュールしか頭になく、他者は意のままに動くロボットであるかのごとくです。
 多くの人たちからサービスされることに慣れきっているのかもしれません。相手のコストなど省みることなく、頼み事をします。そしてまた、引き受けてもらっても、当然であるかのように、お返しなど考えません。相手の動力をねぎらう気持ちすらありません。頼みごとを引き受けてもらう「もらう」一方の対人関係を好みます。人は皆、対等であるという感性がないのかもしれません。
 当然、相手は、与える一方の対人関係など好みませんから、人間関係が長続きしない傾向があります。自らもまた、特定の誰かと、長く安定した関係性を築きたいとは考えていないかのように見えます。周りの人たちを、友人だとはみなしていないのかもしれません。自分のために役立ってほしい、という依存心は人一倍強いですが、周囲の人たちの能力を認めることはできません。受け入れることもできません。身近な人たちを、何一つ良いところがないかのように見下し、否定します。周囲にもそのように吹聴し、評判を汚します。周囲に向けて、自分は困った人を指導しようとしているかのように、振舞います。自分に協力してくれる人をあざ笑ったり、コケにすることもあるかもしれません。

Sponsored Link



自分の要求が通るのは、当たり前だと考えているかのようです。立場が上の相手には、泣き落としで同情心に訴えたり、下に見れば、感情を暴発させて、恐怖を与えます。
 犠牲になりやすいのは、無欲で言い返せない性格の人や、なんらかの発達障害のある人、ずるずると付き合っているうちに召使い的扱いに馴染んでしまった人、などでしょうか。

 一見、饒舌で人当たりも良く、まだ釣り上げていない魚には、惜しみなく餌を与え、頑張っている人と言う印象を与えます。それでも、ふとした時に見せる冷酷なまなざしや、共感性の乏しさから、何やら本能的に違和感を覚えることもあります。何やら、ゾッとするような、背筋が総毛立つような感覚を覚えた時は、要注意です。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する