Sponsored Link

支配と依存

 一般に、他者から支配されやすい人は依存心が強く、支配的な人は独立心が強いと思われがちですが、実は、支配は依存の手段です。依存するために、支配したがるのです。他者は、自分のニーズに応えるために存在しているという自己中心性が、その胸中にあります。要求に応えてくれたとしても感謝はなく、相手がそのために支払った動力など考えることもなく、断られた場合には、憤りを覚えます。
 ある人と関わったあとで、苛立ちや屈辱感を感じたり、わけもなく不快になる場合は、その人物はあなたを支配したがっているといえそうです。
 あるときは困ったふりをして、同情心を引き出そうとしたり、心にもないお世辞を口にしてみたり、あるいは、周囲に八つ当たりをしたり、言いなりにならないなら絶交すると突き放すふりをして見せたり。自覚のあるなしは別にして、その人があなたの感情に揺さぶりをかけていることに間違いはありません。特に、二人の関係が曲がり角に差し掛かった時、こうした傾向は顕著になります。
 「あなたがいてくれなきゃ困る」と、泣き落としで情に訴え掛ける。まだ、利用価値があるんだというのが、本音でしょうか。

Sponsored Link



それでダメなら、責める。「あなたが私の期待に応えてくれないから」「わたしにも、あれこれの事情があったし、解ってくれてると思った。」あなたにもあれこれの事情は多々ありますが、そのようなことを、その人は一度だって気遣ってくれたでしょうか?第一、その人の期待に応えるために生きているわけではありません。勝手に、利用していい存在と位置づけられるのは迷惑というものです。
 下出に出るそぶりを見せることもあるかもしれませんが、それをもって相手が改心した、もう安全だと判断するのは早計です。見下されてる、ナメられている、少しも愛されていないと、相手の雰囲気に感じるならば、それが正解です。
 自分を支配したがっている相手を封じて、それが間違っていることを教えたい、という願望を抱く人もいることでしょう。支配者を支配したいという支配欲です。逃げるのは負けることだと、踏みとどまりたい意地もあることでしょう。
 とはいえ、勝算のない争いを買って出るのは、無謀と言えます。敗北を嫌って踏みとどまるだけでは、サバンナの草食獣はとっくに絶滅していることでしょう。
 他者への慈愛の心を持たず、自らの有能感を満たすために服従するものを求める人は、あなたの人としての尊厳を傷つけます。その相手を制して、相手に人の道を教えようとする思いもまた、愛からは遠いといえます。そこには、支配被支配の攻防戦があるばかり。
 支配の対象とみなされた時点で、相手との健全な関係性は難しいと考えて、ひとまず撤退することは、失敗ではありません。また一つ教訓を得て、賢くなったのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する