Sponsored Link

良いパートナーシップの条件

 この人の笑顔が見たい、私と付き合うことで幸せを感じてほしい、あなたが私を見捨てようと、私は決して見捨てたりしない、支えたい、味方でいたい。あなたはその人に対して、こうした思いを抱くでしょうか。それとも、私に尽くしてほしい、私の思い通りに動いてほしい、私に与える喜びを知ってほしい、などと感じることが多いでしょうか。後の方なら、その人にとって良いパートナーとは言えません。

 良いパートナーシップには、Win&Winの関係ばかりでなく、大らかさも必要といえそうです。余裕がなくなってくると、人は多くを与えられなくなるからです。初めは良い関係だったにもかかわらず、だんだん悪化していく関係性の背後には、双方の余裕のなさもあります。
 仕事がうまくいっていないなどの困難さが背景にあると、人は、順調な時のように相手に与えられません。むしろ、支えられることを望みがちになります。そして、相手の足りないところばかりが目に付き、不平や不満が増えていきます。
 やがて、相手を非難して、自分の都合のいい状態に操作しようとしがちになります。相手のロボットになることを求められると、多くの関係性は崩壊に向かいます。求められるだけの関係、与えるだけの関係に、いつまでも耐えられる人は多くはありません。

Sponsored Link



 相手が何でも自分の言う通りにしてくれると上機嫌でいると、いきなり「さよなら」を突きつけられることになりかねません。相手が自分のために支払っているコストにちゃんと目を向け、口先だけの感謝ではなく、つり合いの取れた同等のものを返しましょう。相手に好意を持つこと、所有物扱いしないこと、愛すること.....。愛せない人を、便利に利用してはいけません。

 相手に多くを望む人は、同時に、失うことへの恐れを、抱いています。ほんの少し連絡が無いだけで、もう相手が離れてしまうのではないかという危惧感に苛まれます。多忙だったり、体調不良だったりという相手側の事情を配慮することもなく、不安から、連絡のないことを責めたりしがちです。相手からすれば、いちいち連絡を入れなければならない面倒くさい存在ということになりかねません。
 不安ばかりに気を取られていると、相手から与えられている「恩恵」に気付けません。そのために、いつも満たされていない思いにとらわれます。
 思い出してみてください。その人の笑顔、さりげなく手を貸してくれたこと、いつも連絡をくれたこと。当たり前のことなど、何一つありません。「ありがとう、居てくれて!」そう、感謝するとき、そこに不満は忍び寄れません。
スポンサーサイト
テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する